切迫早産と診断され入院となると、どのような治療をするのかや赤ちゃんは大丈夫かなどたくさんの不安がでてきます。
体調のことだけではなく家族のことも心配になることでしょう。

さまざまな不安がつきまといますが、その中でも気になる1つが入院費用です。

私は切迫早産で入院したことがあります。
入院初めから入院費用がいくらくらいになるかとても気になりましたが、誰に聞いてもはっきりとはわかりませんでした。

入院費用は病院によって異なってきますが、およそどれくらいになるか目安をお話しします。

切迫早産の入院費用は健康保険が適応されます

妊娠中の健診は健康保険が使えません。
しかし、切迫早産での入院費用は健康保険制度が利用できます。

ですが、食費や個室代は健康保険適応外です。

私は2ヶ月入院しました。
個室で、24時間張り止めの薬を点滴していました。切迫早産以外に治療していた病気などはありませんでした。
こういった状況で、入院費用は月に約30万円の請求がきていました。

高額療養費制度

月に30万円の支払いなんて、高すぎる!とビックリする人も多いと思います。

ですが、実際にはこの入院費用の全額を払う必要はありません。

1ヶ月にかかった医療費が一定金額を超えた場合に、払い戻される制度が高額療養費制度といいます。
健康保険に加入している人が対象となります。

入院時に申請しておけば、制度が適用された金額だけ払えばいいので高額の入院費用を準備する必要もなくなります。

ただし、入院費用の中でも健康保険適応外の食事代や個室代は含まれませんので、これらは実費での支払いになります。

私が入院した時は、高額療養費が適応されたあとの自己負担額が約8万円、それに個室代などの実費が約2万円で、合わせて月10万円ほど入院費用を支払いました。

民間の保険会社の医療保険の中には、切迫早産も支払いの対象となっている場合があります。加入している方は、ぜひそちらも確認してみてください。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?