最近よく耳にする出生前診断の一つに「トリプルマーカー検査」という項目があります。羊水検査ほど名前が知られている検査ではありませんが、母体に負担のかからない安全性の高い検査です。今回はトリプルマーカー検査及びその結果の見方について調べてみました。

トリプルマーカー検査とは?

母体血清マーカーテストとも呼ばれる検査で、主にダウン症候群や神経管欠損症等の胎児の染色体異常や先天性疾患を調べる検査です。

新型出生前診断が認可される前は、このトリプルマーカー検査を行われるのが一般的でしたが、正確性に劣るゆえ今はそれほど行われていないのが現状です。

妊婦から採血した血液中の3つの成分を測定するだけなので母体や費用的にも負担の少ない検査であり、リスクの少ない受けやすい検査ではあります。

トリプルマーカー検査可能な時期は15−21週までで10日ほどで結果がわかりますが、その後羊水検査を受ける場合を考慮すると早い時期に検査を受ける事をお勧めします。

トリプルマーカー検査の結果

先にも述べたように、確率のみを調べる検査です。「1/300以上の確率」というような表示で結果が表されます。血液中の成分の値や人種の違い、家族歴、妊娠周数、体重、年齢、糖尿病の有無等と検査結果を照らし合わせ確立を判定します。確率によって「スクリーニング陽性」「スクリーニング陰性」と判定される、あくまでも「スクリーニング検査」です。

トリプルマーカー検査は100%の確定は出来ず、染色体異常の確立が高いと結果判定された場合は羊水検査を行うこととなります。

トリプルマーカー検査の費用について

他の出生前診断に比べると格別に安く、施設によって異なりますが1−2万円程度で済むようです。

おわりに

身体的・費用的にもリスクが少ないため、比較的受けやすい検査ではありますが、「命の選択」という「倫理」の観点で簡単には受けられない検査でもあります。遺伝子カウンセラーや医師とよく相談して決めましょう。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?