今は妊娠していても引き継ぎの関係や、経済的な理由も含めて出産ギリギリまで無理のない範囲で妻も働いている共働き夫婦が多いですよね。
私のところも妊娠中は家でじっとしているより働いて少し動いている方がつわりなどの気も紛れたので共働きしていました。
異性の友人からすると、『妊娠時に何かあったら怖いから妻には家で大人しくしてもらいたい』という意見もちらほらでした。
確かに妊娠中は切迫早産の恐れも考えられたり何が起こるかわからないので旦那様としても妻が妊娠中でも働く場合、心配ではありますよね。

それでは妻が妊娠した場合、共働きの場合、旦那様が気をつけて頂きたい事をまとめてみます。

共働きしている夫婦で気をつけたいこと

妻が妊娠したからといって、妊娠は病気ではないので基本的な制限はありません。
共働きを続ける事も可能ですが無理をしないことが大前提です。
しかし共働きの妻が仕事から帰宅するとする事といえば夕飯作りに洗濯といった家事です。
ゆっくりしたいところなのですが家事があるとそうもしてられないのが共働きの妻の現状です。

最近はいわゆるイクメンと言われる夫が増えており育児に対する姿勢は積極的なのに対し、家事については共働きであってもまだまだ妻が大半を負担しています。
もちろん共働きでお互い疲れていたり大変ではありますが、できれば家事など全てを妻だけに任せるのではなく、できる限り家事の分担をしてあげたりたまには夕飯作りをしてあげる等すると妻としては非常に助かります。

また、妻が妊娠したら匂いがキツイものには注意してください。
妊娠中はニオイにとても敏感になります。
仕事の付き合いでのお酒やニンニクのきついものなど嫌なニオイを漂わせて帰らないように気をつけてください。
もし喫煙者の旦那様がいらっしゃるのなら妻が妊娠中の時はタバコも我慢して妻をいたわってあげましょう。

妻として夫として家族になっていく為に大切なこと

妊娠中はどうしても気分にムラが出てしまいがちです。
妻の機嫌を取るのが大変だという方もいらっしゃるのではないでしょうか?
夫はそんな妻にイラっとしてしまうかもしれません。
けれど共働きだからこ経済的にもお互いが頑張って支えあっていることを改めて感じながら気遣いあっていくことが必要です。
共働きであってもそうでなくても一緒に家族になって子供を受け入れていく準備だと思いながら、妻がしている事を夫もしてみる・感じてみることが家族になっていく大切なプロセスなのでは思います。

高齢出産の障害リスクを下げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2分脊椎(奇形児)予防にも葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防<します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。







何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?