最近は結婚自体も晩婚化になっています。
仕事が楽しかったり、やりがいを感じて仕事を続ける女性が増えているためです。
婚期のタイミングを逃し気づけば30代後半!といった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

また結婚自体を遅くされた方もそろそろ子作りを…と気づいた時に30代後半だったというパターンも。
さて、婚期や初産の遅れ傾向があるなかで30代後半でも妊娠はできるのか、妊娠確率はどうなるのかが気になります。

妊娠確率はいつから下がる?

30代後半は20代に比べると妊娠確率が下がります。
一般的に1周期あたりの自然妊娠確率は約20%となります。
これが30代に入ると少しずつ低下し、30代後半になると妊娠確率はぐんと下がります。
40代後半では妊娠確率の可能性は1%とかなり低い確率となってしまうのです。

主な原因とすると、卵子の老化と減少によって妊娠確率はさがります。
卵巣内の卵母細胞数が30代後半から40代にかけて急激なスピードで減少します。

他にも体調不良やストレス、生理周期、ホルモンバランスの乱れなどによって妊娠確率は、大きく影響されます。
仕事や人間関係などのストレス、栄養の偏った食生活などが続くと女性の場合は子宮へのトラブルが出てしまうことも。
男性も30代後半からですと精子になんらかの異常が見られるようになったりする場合があるのです。
このような原因によって通常よりも、低い妊娠確率となってしまっているわけです。

やはり年齢を重ねるごとに妊娠確率は下がってくるのはもちろんなのですが、かならずしも自然妊娠ができなくなるというわけではありません。
30代後半でも赤ちゃんを授かり元気に出産されて育てていらっしゃる方もたくさんいるのです。

30代後半でも諦めない!

あくまでも年齢による妊娠確率は目安でしかありません。
妊娠しやすい体質や妊娠確率は自分自身の体調や健康管理によって左右されます。
30代後半だからと言ってマイナスに考えずに、真剣に子供が欲しいと思ったらパートナーとの夫婦生活や産婦人科へ相談しに行く等積極的に行動していくべきです。

30代後半ですと精神的にも経済的にも余裕がでてきた年齢ですし、心にもゆとりがある時期に子育てが楽しめてできるのならばいいことだと思うのです。
30代後半でも真剣に妊娠を考えるのならまずは自身の体調管理や食生活などを見直して妊娠確率をあげることが大切だと思います。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?