妊活中の人も現在妊娠している人も、出産について考えることがあるでしょう。特に初めての妊娠だったり痛みに弱い人などは、出産時の痛みへの不安が大きいと思います。

そんな不安を和らげるのが、「無痛分娩」や「和痛分娩」です。名前くらいは聞いたことがあるかもしれませんが、無痛分娩や和痛分娩をとりいれている産婦人科は少なく、実際に経験したことのある人はあまり周りにいないのが現状です。

出産時に取り入れたいと思っている、どんなものなのか知りたいという人のために、和痛分娩と無痛分娩の違いや痛み、リスク、費用などについてお教えします。

和痛分娩と無痛分娩の違いとは

和痛分娩と無痛分娩ですが、実は各医療機関での呼び方が違うだけで麻酔で痛みを和らげる内容は同じものです。ただし、医療機関によってはソフロロジーなどの呼吸法で痛みを和らげる出産方法を和痛分娩というところもあるようです。

無痛分娩と聞くと痛みが全く無い、和痛分娩と聞くと痛みを和らげるととらえがちですが、どちらかというと和痛分娩のように出産時の痛みを和らげて、お産を楽にすることをいいます。ですから、痛みが全く無くなるわけではないのです。

和痛(無痛)分娩の痛み

和痛(無痛)分娩と聞いて一番気になるのが、どのくらいの痛みなのかということでしょう。先ほど上で書いたように、全く痛みがなくなるというわけではありません。

なぜ完全に痛みをなくすことができないのかというと、出産では子宮の収縮する痛みやいきみたくなるタイミングに合わせて出産をするからです。完全に痛みをなくしてしまうと出産時のタイミングが分からなくなってしまうので、ある程度の痛みは必要となってきます。

それでも自然分娩の痛みは相当なものですから、それに比べたらとても楽になります。自然分娩では、あまりの痛さに取り乱してしまったり、赤ちゃんを産んだ瞬間などはあまり覚えていないという人も少なくありませんが、和痛分娩では落ち着いて出産できるくらいの痛みにまで和らぎます。

和痛(無痛)分娩の方法

そもそも、和痛(無痛)分娩はどのような方法で行われるのでしょうか。これにはいくつかの方法がありますが、よく使われているのが「硬膜外麻酔(こうまくがいますい)」とよばれるものです。

この他にも点滴麻酔などの方法がとられています。

硬膜外麻酔の方法

パッと見るとなんだか難しそうな漢字が並んでいますが、これは脊髄を覆っている硬膜(こうまく)という膜の外側にある硬膜外腔(こうまくがいくう)と呼ばれる空間のことをいいます。

ここの背骨の脊髄に近い部分に細いチューブを入れて、局所麻酔薬を注入していきます。

麻酔をするタイミングは、陣痛が始まってからです。出産間近はお腹の痛みがピークに達するので、その時を見計らって投与します。もちろん、お産の進み具合や赤ちゃんの様子、ママの体調などを見ながら注意を払っておこなっていきます。

麻酔を投与してから効き目が現れはじめるまでは15〜30分くらいです。麻酔が効いてきても基本的な痛みは増していくのでさらに少しずつ麻酔薬を投与していき、痛みを和らげる調整をしながら必要な痛みやいきみを感じながら、ママと赤ちゃんの力で出産します。

点滴麻酔の方法

これはその名のとおり、点滴で静脈から麻酔をする方法です。最初の処置も簡単だというメリットがありますが、硬膜外麻酔のように局所麻酔ではありません。

鎮痛効果が弱いうえ、体全体に麻酔薬が行き渡るため、麻酔が効いている間は赤ちゃんやママが眠くなる、呼吸が弱くなるなどのデメリットもあります。

硬膜外麻酔で背中に針を刺すのが怖い人や、ママの体調や体質などにより点滴麻酔をおこなうケースがあります。

和痛(無痛)分娩のメリットとリスク

自然分娩とは違って麻酔薬を使用するので、リスクが気になるのではないでしょうか。もちろんリスクはありますし、逆にメリットもあります。

自然分娩にもリスクやメリットはありますから、ご自身がどんな出産をしたいのかをしっかりと考えてみましょう。

和痛(無痛)分娩のメリット

・痛みが和らぐ

やはり一番は痛みが和らぐことです。痛みが和らぐとママがリラックスできて、落ち着いて出産にのぞむことができます。

ママが出産に対して不安や恐怖心があったり、痛みによるストレスが大きくなるとお産が進まなくなったり、難産になる可能性もあるくらい、心と体はデリケートに繋がっているのです。

・赤ちゃんがおりてくる感覚などが実感できる

リラックスしてお産ができるので、赤ちゃんが今産道のどの辺りにいるのかが分かるようになります。自然分娩では痛みに耐えるのが精一杯ですが、痛みが最低限なので子宮の収縮とともに産道を通る赤ちゃんの感覚が実感できるのです。

産まれたばかりの赤ちゃんを冷静に抱っこして出産を実感できるなどのメリットもあります。

・母体への負担が軽い

持病などで自然分娩が心配なママも、落ち着いて出産できるので酸素量や血流を安定させることができます。余計な力を入れることがないので、お産の時の赤ちゃんの負担も軽くなります。

・産後の回復が早い

出産で不必要に体力を使わないので分娩時間が短縮されたり、ママの心身も安定しているので産後の回復が早い人が多いです。

和痛(無痛)分娩のリスク

・麻酔の副作用が起こる可能性がある

主な副作用として、吐き気、頭痛、発熱、貧血、かゆみなどがあり、頭痛や吐き気を感じるケースが多いです。副作用が起こるのはまれではありますが、リスクの1つとして知っておいてください。

・麻酔の作用が赤ちゃんも現れる場合がある

点滴麻酔などで麻酔の効果がママや赤ちゃんに現れて、呼吸が弱くなったり眠くなったりする場合があります。一時的なもので麻酔の効果が切れれば治ります。

・吸引分娩や鉗子分娩になる場合がある

麻酔の効果がありすぎたり、お産の進み具合などによってはいきみを感じられなくなったり、子宮の収縮が弱くなるケースもあります。ママや赤ちゃんが自力でお産できないとなると、吸引分娩や鉗子分娩を行う確率が高くなります。

これは硬膜外麻酔を取り入れた場合に起こりやすくなっています。

・希望すれば必ず受けられるわけではない

ママや赤ちゃんの体調や持病などによっては受けられない場合もあります。

・計画分娩となる

これはリスクとまではいかないにしても、麻酔科医がいるときに分娩となります。

麻酔科医がいる日にちや時間帯を合わせた出産となりますが、計画分娩の予定日より前に陣痛が来ることもあります。

・実施している施設が少ない

日本には2000以上もの分娩施設がありますが、和痛(無痛)分娩を行っている施設は250施設程度となっています。最寄りに分娩施設が無いなどの理由で希望の分娩ができない人も少なくありません。

・分娩費用が高くなる

後述しますが、通常の分娩費用に上乗せという形で請求されるので、費用は通常よりも高くなります。

・痛みを緩和する効果が得られない場合もある

痛みを感じる度合いにも個人差がありますし、麻酔の効き目にも個人差があります。麻酔をしたのに想像していた以上に痛かったと感じる人もいます。

和痛(無痛)分娩の費用

和痛(無痛)分娩は健康保険の適用外です。

加えて麻酔の費用、陣痛促進剤の費用など、お産の際にかかった費用が上乗せされ、薬の投与をした場合の費用も加算されます。麻酔を使うタイミングや種類、入院の日数、設備などでも左右されます。

この費用は各医療機関によって変わってきますが、大体数万円〜20万円くらいだとされています。

自分に合った納得のいく分娩方法を選びましょう

一生に数回しか経験ができないお産を特別なものにしたい、リラックスしてお産をしたいと思う人にとっては魅力的な和痛(無痛)分娩。メリットを考えると取り入れてみたくなりますよね。

リスクや費用面なども含めてパートナーと納得するまで相談し、自分に合った分娩方法を選びましょう。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?