通っていた産婦人科を教えてください。

産婦人科名:加塚医院
住所:〒170-0003 東京都豊島区駒込2丁目5−5
電話番号:03-3910-3811
サイト:http://www.kazuka.jp

高齢での妊娠出産体験談をお聞かせ下さい。

私は、38歳で2人目の子を妊娠しました。現在は、妊娠6ヶ月です。
1人目は、34歳で妊娠、出産に至りました。2人目が、できるまでは、4年間もの時間がかかりました。

元々、妊娠をしにくい身体であったため、色々な婦人科へ通いましたが、原因は分かりませんでした。

そんな時、現在もお世話になっている加塚医院を知り、通い始めたところ、先生は、とても親身になって相談に乗ってくださいました。
生理不順であったため、生理を1ヶ月に一度きちんとこさせるようにすることか始めました。

また、冷え性も不妊の原因になるので、お風呂にきちんと入って身体を温めることなどの基本からの見直しをしました。

食べ物も、ファーストフードのジャンキーなものは、一切やめて、和食を中心としたメニューに切り替えました。
野菜は、葉酸が多く含まれている物を中心に、また大豆は、毎日必ず取るようにしていました。

すると、生理がきちんとした感覚でくるようになりました。それから3ヶ月経過した頃に妊娠が発覚しました。
身体の基本作りすることで、自然妊娠ができたのです。

妊娠してからは、悪阻が酷く、なかなか食べ物が食べられず、ほとんど横になっていました。
また、身体の方も安定せず、出血を起こしてしまい、病院へ駆け込むこともありました。

1子目の時には、感じられなかった身体の不安を感じることが多くありました。
無理をせず、身体をゆっくり休めながら、なんとか6ヶ月までくることができました。

しかし、高齢出産ともなると、子供の病気のことも心配になり、新出生前診断を受けようと思いました。

新出生前診断は、受けられる期間が決まっているため、
主治医の先生紹介状を書いてもらったり、受けられる病院も探し、なんとか予約を取ることができました。

しかし、どんな子が産まれたって、自分の子供には変わりはない、大切な存在なんだと思い、もう一度、主人と診断を受けるか話し合いをしました。

主人も私と同じ考えで、ようやく出来た子供なんだから、大切に育てようと決め、新出生前診断を受けることをやめました。
高齢出産は、自分の身体のリスクや赤ちゃんの病気のリスクも高まります。

現に、私も大人になってから気管支喘息になってしまいました。

妊娠中に喘息の発作が出てしまうこともありますが、主治医の先生と喘息でお世話になっている消化器内科の先生と色々相談しながら、出産への準備を進めています。

あと4ヶ月、不安も多くありますが、赤ちゃんを抱っこする日が、とても待ち遠しく、楽しみです。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?