30代は一番楽しい時期だと聞きます。
確かに20代よりも30代に入ってからの方が仕事も慣れてやりがいを感じますし、経済的にも余裕がでてくる頃なので30代を満喫する方も多いのではと思います。
そのおかげで、婚期のタイミングを逃してしまう方もいらっしゃるようで、気づけば30代後半になっていた!と、焦って婚活をされたりもするみたいです。

30代で結婚、出産をされる方は現代ではとても多くいますし、焦らなくても大丈夫だと思うのですが、やはり女性の方は30代であっても妊娠しやすい体かどうかが気になりますよね。
まだ出産を経験されていない方、なかなか子供ができないなという方、自分は妊娠しやすい体なのか気になったりしませんか?

まずは産婦人科へ

妊娠しやすい体なのかどうか等、自分の体質を知るために、まずは一度は産婦人科で診てもらいましょう。
30代になると20代に比べ卵子の老化が始まります。
子宮検診などで自分の卵子の状態をみてもらうことで妊娠しやすい体なのかわかるはずです。

自然妊娠自体はもともとは低い確率であるため30代にさしかかるとその確率は更に下がります。
だからといって30代だから=妊娠できないとは限りません。
子供が欲しいと真剣に考えた時にまずは自分自身で妊娠しやすい体づくりをしていく事が大切なのです。

基本から見直してみましょう

30代でも真剣に子供を望まれる方はとても多く、そんな皆さんは妊娠しやすい体にしようと日々健康管理をされています。
1日3食キチッとバランスの良い食生活をすること、加工食品やスナック菓子は避けること。
喫煙ももちろんNGです。
基本中の基本ですがそれが妊娠しやすい体づくりへの近道なのです。
食生活においても卵子や精子の質を高め妊娠しやすい体になるに必要と言われるミネラルの一種である亜鉛を摂取してみたりするといいかもしれません。

現代では避けては通れませんがどうしても受けてしまうストレス。
妊娠しやすい体にするには、ストレスをためすぎないことです。
30代で働いていらっしゃる方は特にストレスは体に影響を受けやすいので、妊娠しやすい体を目指す場合にはうまくストレス解消できる方法を自分で見つけておきましょう。
30代でも健康で若々しくいることが妊娠しやすい体と言えるのかも知れません。

高齢出産の障害リスクを下げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2分脊椎(奇形児)予防にも葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防<します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

葉酸サプリのおすすめならこれで決まりです

ベルタ葉酸サプリ

国産・高品質な葉酸サプリならベルタ葉酸サプリです。不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け。

続けやすいリーズナブルな価格なのも人気の秘密です。