高齢出産の体験談

35歳予定日2週間遅れて促進剤とバルーンで出産しました

更新日:

通っていた産婦人科を教えてください。

産婦人科名:埼玉県済生会川口総合病院
住所:埼玉県川口市西川口5-11-5
電話番号:048-253-1551
サイト:www.saiseikai.gr.jp

高齢での妊娠出産体験談をお聞かせ下さい。

今から10年以上前、35歳で長男を37歳で次男を出産しました。33歳で29歳の主人と結婚し、二人ともとりわけ子供好きという訳でもなかったこともありもし子供ができなくても不妊治療はしないかなぁと漠然と考えていました。

幸い結婚して2年目に妊娠しました。

里帰り出産だったため出産自体は総合病院でしましたが8ヶ月までの健診は自宅近くの個人病院に通院していました。古くからの病院でおじいちゃん先生が担当してくださいました。エコーで子宮筋腫が見つかり、少し不安になりました。妊娠に影響がなかったため特に治療等はしませんでした。私の場合は妊娠に影響はなかったのでよかったですが30歳過ぎたら婦人科検診はした方がいいと思いました。

妊娠中は順調でした。つわりもなく体調もよく幸せな妊婦生活でした。散歩したり友達に会ったりしてのんびりすごしていました。体力的には厳しいところもありましたがこの心の安定は高齢出産ならではかなと感じていました。

いよいよ臨月。予定日を過ぎても子供は産まれず、日々大きくなるお腹と日々大きくなる不安。胃が赤ちゃんで圧迫され食事も満足に摂れず夏の暑さで疲労がたまりヘトヘトな毎日でした。お腹だけが大きくなり足や手はかなり痩せ細っていたように思います。

予定日を2週間過ぎても産まれず、入院して陣痛誘発剤やバルーンを入れて出産することになりました。しかし、入院する前日の夜中に破水したため陣痛が来るのを待つことになりました。

陣痛室で陣痛が来るのをひたすら待ちました。しかし、激しい陣痛は来ません。微弱陣痛で一晩中苦しみましたが産道が開かず子供は産まれません。夜も眠れず疲労しました。とにかくひたすら我慢です。

子供の安全を考えて緊急帝王切開になる直前に産道が開き分娩台へ。疲れきって思うようにいきむことができません。そんな私に助産師さんは「上手。上手。あと少し。」と絶えず褒めて励まし続けてくださいました。「もう、無理」と心が折れそうになりましたが助産師さんに助けられなんとか出産することができました。出産した友達に聞いたところ厳しい助産師さんもいたそうなので病院によって違うのかなと思いました。

産まれた子供は破水から48時間以上経ってから産まれたため雑菌等に感染の可能性があるため1週間保育器に入ることになりました。1週間後に子供と私は退院しました。

大変なのはそれから。出産で思っていた以上に体力を消耗し食欲もありません。でも育児は待ったなし。母乳に栄養を取られ私はどんどん痩せていきました。今、思えば産後うつでした。とにかくひたすら一時間を一日を一年をやり過ごす日々。もっと若ければ産後は楽だったのかなと思います。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

妊娠率を上げ、流産予防するには下記の栄養素が重要です。

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

小児治療の権威、ハーレルは、妊娠中の母親に高濃度ビタミンを服用させたところ、子供の知能が著しく向上したと明らかにしました。
これらの栄養素を食事で必要量摂取するのは難しいので、無添加で品質の高いサプリで摂るようにしましょう。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

美的ヌーボプレミアム

天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。

ベルタ葉酸サプリ

ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けで、唯一の男性用がある葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな国産の葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。

おすすめ記事

1

現代社会では、女性が仕事で活躍する場も多く、結婚や妊娠・出産をする年齢が昔よりもずいぶんと上がっているのが現実です。 いまや高齢出産をする女性は何も珍しいことではなくなってきました。 女性の社会での活 ...

2

現代社会は、女性の社会進出なども高まり、年々晩婚化が進んでいます。 それに伴って、女性が生涯子供を持つ数も少なくなってきており、高齢出産がいまや珍しいものではないようになってきました。 一方で高齢出産 ...

3

トリプルマーカーテストやクアトロテストという名前は、あまり聞き慣れない人もいるかもしれません。 2つとも出生前診断として行われる血液検査のことですが、その違いや検査項目までははっきりわからない人も多い ...

4

胎児のスクリーニング検査の1つとしても行われるのがクアトロテストです。 確定診断ではありませんが、胎児が3種類の先天異常かどうかの確率を陰性か陽性かで示す検査です。 スクリーニング検査ではありますが、 ...

5

出生前診断の1つとして羊水検査があります。 羊水検査は、日本ではさまざまな検査で胎児の異常が疑われた場合の確定診断として任意で行われています。 今回は、羊水検査の痛みや合併症はどんなものがあるのかをま ...

6

この間観たテレビで、ご兄弟にダウン症の方がいる女性が妊娠をし産まれてくる子供がダウン症だったらどうしよう…と悩みを打ち明けていました。 ダウン症となる原因にやはり遺伝は関係あるのでしょうか。 ダウン症 ...

7

出生前検査というと羊水検査が有名ですが、そのほかにも絨毛検査というものもあります。 私の病院では、絨毛検査を実施していないので、よくわかりませんでした。 あまり絨毛検査っていうとなじみがないかもしれま ...

-高齢出産の体験談
-, , , , , ,

Copyright© 高齢出産の流産・発達障害リスクを乗り越えるブログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.