39歳で高血圧で兵庫医科大学病院で出産しました

通っていた産婦人科を教えてください。

産婦人科名:兵庫医科大学病院
住所:兵庫県西宮市武庫川町1番1号
電話番号:0798(45)6111
サイト:http://www.hosp.hyo-med.ac.jp/

2. 高齢での妊娠出産体験談をお聞かせ下さい。

出産したのは39歳の時でした。35歳くらいの時に肝臓に腫瘍がみつかりその治療は完治しましたが、まだ少し不安もあったので出産はその時にかかっていた兵庫医科大学病院にしました。

こちらなら、NICUもありますので万が一の時もたらいまわしにされることなく安心できるとおもったからです。

とはいえ、大きな病院なので診察の時も1時間から2時間はかかります。また、病院なので食事は病院食になり産科専門の病院のような豪華さやおいしさは全くありません。お部屋も病室で大部屋か個室ですが、個室の数も3部屋くらいしかなく、混んでるときは陣痛室が病室代わりにもなります。

私の場合は妊娠前から遺伝で血圧が高めでした。こちらの病院では検診の度に自分で機会で測った血圧をノートに記入します。ですので看護師さんが実際に図るものではありませんでしたが、先生にはいつも血圧の指摘をされ妊娠中から胎盤を通さない降圧剤をのんでいました。

その他、初めての妊娠でしたので妊娠線ができないようにボディクリームを念入りに塗っていたらそれがもとで皮膚がかぶれてしまい、皮膚科にいくはめになってしまったり、妊娠が分かったとたんにつわりが始まりました。

最初はお腹がすくと気分が悪くなるつわりでその後、魚が食べられなくなり肉だけを食べるようになり、最終的にはお茶やコーヒーも飲めなくなり水についても銘柄指定でしか飲めなくなりました。

結局出産後1週間ほどたつまでつわりは終わりませんでしたので、臨月になるともともとあまり増えていなかった体重でしたが検診の度に減っていく状態でした。普通は胎児が下がってよく食べられるようになると言われて楽しみにしていましたが、全くその気配はなく出産までは内臓を圧迫し続けていたので食事はできませんでした。

出産時は病院に行くまでわかりませんでしたが、先に破水してしまったので入院後すぐに陣痛室に入れられました。夜中でしたが明るい部屋でナースステーションのとなりにありました。

トイレに行くときもナースコールが必要でしたので連れて行ってもらおうとしたら降圧剤の点滴のせいで立って数歩歩いたら気を失って倒れてしまいました。結局トイレには行けず管を通してタンカーでベッドに戻りました。分娩室に入ると3回いきんですぐ生まれてくれたのは救いでした。

出産後の戻りも年の割に異常に早く子宮が収縮する痛みも全くありませんでしたし、体重も2週間ほどで元通りに戻りました。

流産予防、賢い赤ちゃんになるサプリの選び方



1)質の高いサプリを選ぶ

国内メーカーの多くは合成の栄養素、添加物を使用。
含有量の水増しをするメーカーもあるので、ドラッグストアで売っているような激安品は注意です。

2)葉酸が多いサプリを選ぶ

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、卵子と精子の質を高め若返らせます。

3)DHA, ビタミンEが多いサプリを選ぶ

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

小児治療の権威、ハーレルは、妊娠中の母親に高濃度ビタミンを服用させたところ、子供の知能が著しく向上したと明らかにしました。

流産予防、賢い赤ちゃんを産みたい方へ

完全無添加、ビタミンE・DHA・EPAが豊富な
美的ヌーボプレミアムがオススメです。




このページの先頭へ