高齢出産の体験談

38歳自然妊娠→クリフムで胎児ドッグ・絨毛検査をした体験談

更新日:

通っていた産婦人科を教えてください。

産婦人科名:東京医科大学病院
住所:東京都新宿区西新宿6-7-1
電話番号:03-3342-6111
サイト:http://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/

高齢での妊娠出産体験談をお聞かせ下さい。

私は、38歳で出産しました。不妊治療は行っていません。
妊娠がわかってうれしい半面、不安が大きく元気な子供を産めるんだろうかと毎日のようにネットで色んな事を検索したりしていました。

私の場合、高齢出産で産んだ友人がたまたまおりましたので判明した時に相談し、私が以前に病気をしたこともあり出生前診断を受ける決意をしました。
東京都内にある病院が良かったのですが、先生の診断書の様なものが必要だったり予約が取れなかったりして悩んだ挙句、友達が行ったという大阪のクリフム夫律子マタニティクリニックという所で出生前診断である胎児ドッグを受けました。

胎児ドッグを受けたところ、年齢でぐーんと障害がある確立が上がっていて、本当にもっと早く妊娠したかったなと思いました。
結果的には、少し心配な部分があり別の日に絨毛検査という羊水検査よりも前の段階で行う確定診断を受けることにしました。
診断結果が出るまでの3週間は色んなことを考えてしまい、しょっちゅう泣いていました。

結果は、問題ないとのことでそれからはぱーっと気持ちが明るくなり、これから産まれてくる子供のことを考える毎日になりました。
ただ、病院の先生曰く安定期は無いとのことでしたので、とにかく自分で出来ることはしようと体重をあまり増やさないように注意していました。

妊娠中期ごろから張りが出ることが多くなりましたがそこまで気にせず、動いたほうがいいという口コミをよくみていたので家事や買い物など、いつもと変わりなく動いていました。
それがいけなかったのだと思いますが張り止めを飲むようになってしまい、家の中でも寝てるように言われてしまいました。
ですが、近所に実母などはおりませんでしたので、結局動いてしまうことが多く子宮頸管が短くなってしまい、33週から入院することになってしまいました。

以前は入院したくない!と思っていましたが、この頃はもう入院していたほうが安心かもとおもっていたので、ある意味ホットしました。
しかし、入院時にも陣痛がきてしまったら止めようが無いので出産になりますと何度も言われていたので、心構えは出来ていましたが結局34週の切迫早産で出産ということになってしまいまい子供もNICU行きでした。

とても、辛かったのは子供保育器の中で泣いているのにすぐに抱きかかえられなかったこと、また授乳室で他の人は授乳しているのに自分だけ搾乳機でひたすら母乳を絞ることでした。

でも、その時生まれた子供はもう2歳で元気でしかも他の子より大きく育ち3歳かと間違われるくらいです。

高齢出産はいろんな壁があると思いますが、人それぞれだと思うので不安になりすぎず、悩みすぎずマタニティーライフを楽しめれば一番いいとおもいます。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

妊娠率を上げ、流産予防するには下記の栄養素が重要です。

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

小児治療の権威、ハーレルは、妊娠中の母親に高濃度ビタミンを服用させたところ、子供の知能が著しく向上したと明らかにしました。
これらの栄養素を食事で必要量摂取するのは難しいので、無添加で品質の高いサプリで摂るようにしましょう。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

美的ヌーボプレミアム

天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。

ベルタ葉酸サプリ

ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けで、唯一の男性用がある葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな国産の葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。

おすすめ記事

1

現代社会では、女性が仕事で活躍する場も多く、結婚や妊娠・出産をする年齢が昔よりもずいぶんと上がっているのが現実です。 いまや高齢出産をする女性は何も珍しいことではなくなってきました。 女性の社会での活 ...

2

現代社会は、女性の社会進出なども高まり、年々晩婚化が進んでいます。 それに伴って、女性が生涯子供を持つ数も少なくなってきており、高齢出産がいまや珍しいものではないようになってきました。 一方で高齢出産 ...

3

トリプルマーカーテストやクアトロテストという名前は、あまり聞き慣れない人もいるかもしれません。 2つとも出生前診断として行われる血液検査のことですが、その違いや検査項目までははっきりわからない人も多い ...

4

胎児のスクリーニング検査の1つとしても行われるのがクアトロテストです。 確定診断ではありませんが、胎児が3種類の先天異常かどうかの確率を陰性か陽性かで示す検査です。 スクリーニング検査ではありますが、 ...

5

出生前診断の1つとして羊水検査があります。 羊水検査は、日本ではさまざまな検査で胎児の異常が疑われた場合の確定診断として任意で行われています。 今回は、羊水検査の痛みや合併症はどんなものがあるのかをま ...

6

この間観たテレビで、ご兄弟にダウン症の方がいる女性が妊娠をし産まれてくる子供がダウン症だったらどうしよう…と悩みを打ち明けていました。 ダウン症となる原因にやはり遺伝は関係あるのでしょうか。 ダウン症 ...

7

出生前検査というと羊水検査が有名ですが、そのほかにも絨毛検査というものもあります。 私の病院では、絨毛検査を実施していないので、よくわかりませんでした。 あまり絨毛検査っていうとなじみがないかもしれま ...

-高齢出産の体験談
-, , , , ,

Copyright© 高齢出産の流産・発達障害リスクを乗り越えるブログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.