通っていた産婦人科を教えてください。

産婦人科名:野田産婦人科医院
住所:〒885-0051 宮崎県都城市蔵原町9-18
電話番号:0986-24-8553 
サイト:http://www.noda-clinic.jp/

出産した病院: 独立行政法人 国立病院機構 都城医療センター
住所:宮崎県都城市祝吉町5033番地1
電話番号:0986-23-4111
サイト:http://www.nho-miyakon.jp/

高齢での妊娠出産体験談をお聞かせ下さい。

高齢出産について
36歳のときに2人目を授かりました。
一人目は、33歳の時に顕微授精で授かっています。不妊治療専門の病院で顕微授精→体外受精→顕微授精と、3回目でやっとグレードのよい受精卵ができて妊娠しました。

二人目も欲しくて、一人目の時に凍結しておいた凍結胚を戻しましたが妊娠には至りませんでした。グレードはそこまで悪くはありませんでした。

数ヵ月後に一から治療を再開しようということで、血液検査をして採卵までの薬を使う方法を選び、主人は仕事で長期間家を空けるので前以て精液採取をして凍結してもらいました。

凍結胚のグレードがよかったのに妊娠できなかったのはなぜかという事で院長先生から子宮鏡の検査をしないかと相談があったので受けることにしました。子宮には異常はなく、綺麗な色をしているよと言われました。

準備期間は病院が勧めるサプリメントを飲みました。メラトニンと、アルギニンと葉酸の入ったエンゼルストークというドリンクです。

生理が来たら、病院へ連絡をして採卵の予約をして前以て用意しておいた薬を服用していこうという矢先に自然妊娠していることがわかりました。なかなか生理が来ないので採卵の予約が他の方で埋まってしまうのではないかと心配していたところでした。

生理予定日の10日後に一人目を出産した産婦人科へ受診しました。自然妊娠が初めてだったので子宮外妊娠していないか不安で早めに行きました。その時はまだ、子宮に胎児は診られない状態でしたが一人目を苦労して授かったことを知っていた先生と看護師さんからよかったねと言われたので不安が軽くなりました。その一週間後に胎児を子宮内で確認しました。

36歳といえば出産するには若くはありません。ダウン症などの染色体異常がないか、次はそこの心配になりました。血液検査をすればその確率が判る、でもそれはしませんでした。不安が増すだけだと思ったからです。できるだけ考えないようにして、家族が増える楽しみを待ちわびていました。

35歳以上の妊婦さんは糖尿病になる確率も上がるということで糖負荷検査を4回ほど受けました。若い方より2回多かったです。検査はパスしましたが空腹の検査時間はとても辛かったです。

しかし、食べるのが好きな私は食欲が抑えられず太りすぎてしまい、近くの大きな総合病院にて出産することになりました。一人目が帝王切開だったのですが、その病院の先生は二人目の出産は自然分娩もできると説明をしてくださいました。ただ、リスクが大きくて胎児が危険なことになる可能性もあるということでした。せっかく授かった命、もう子どもを授かることはできないだろうと思ったので安全性の高い帝王切開での出産を選びました。

産後は経過が良く、5日で退院しました。
おっぱいの出もよくて赤ちゃんはみるみる大きくなりましたが、夜中の授乳がとても大変です。何歳になっても日々勉強、いろいろな発見をさせてくれて毎日楽しく子育てをしております。