今の時代、30代をすぎても女性はとてもきれいで若々しい人が多いですよね。
仕事に燃え、昔ほど早く結婚する人もへり、晩婚化傾向にあります。
でも、いつまでも自然妊娠できると思ったら大間違いです。
それは自然妊娠に必要なまず第一のステップとして受精卵の着床する確率から見ても明らかです。

もともと人間が自然妊娠する確率は低い

1周期あたりの自然妊娠する確率は約20%というじゃないですか。
たったの2割です。低い確率ですよね。
しかも、女性の年齢が上がると自然妊娠するまでにかかる時間は長くなってしまいます。
これは卵子の老化が原因とも考えられていますが、子宮内の環境とかもあるでしょう。

質の良い卵子が育たない、
育って排卵したとしてもうまく受精できない、
受精したとしてもうまく分割までいかない、
着床できない

というのも自然妊娠しない原因になってきます。

年齢とともに自然妊娠する確率は下がっていく

私の産科医院で教えてもらったのは、20代では30%前後の女性の自然妊娠できる確率は30歳位から徐々に低下し、35歳からは20%そして37歳からはますます低下していくそうです。
40代だと自然妊娠する確率がなんと5%台にまで下がってしまい、45歳以降では自然妊娠する可能性は1%とほぼ無くなってしまうというのです。

女性が一生のうち排卵する数は決まっており、40代では10分の1に減ってしまうそうなんです。

年齢は自然妊娠する確率だけではなく、流産の確率まで影響

運よく自然妊娠できたとします。
でも、それが出産までいけるとは限りません。

卵子の老化は、流産する確率とも密接に関係しています。
20代では流産する確率は10%と低いのに対して、30代では20%〜30%、40代だと40%、45歳以上だと50%と厳しい数値になります。

加齢・老化による卵子の染色体異常や卵子そのものの生命力の低下が原因です。
遺伝子因子要因などが原因のときもあります。

ダウン症児の発生する確率も年齢とともに増加

まだまだ年齢のリスクはあります。
無事出産できても、健康な赤ちゃんではなくダウン症の可能性もでています。

20代では1500分の1相当の確率が、30代になるとダウン症を発症する確率が徐々にあがり、1000分の1となり、38歳以降だと300分の1となっていきます。
40代はもっと厳しく、100分の1という確率となってしまいます。

やっと苦労して授かった赤ちゃんでも、ダウン症とわかったときのショックははかりしえません。

といっても、自然妊娠と体外受精でも若干確率は異なるという話もあります。
命の選別という批判もありますが、実際に育てていくのは自分たちなのです。

確率はあくまで統計的なもの

確率をみておびえる必要はありません。
たしかに誰しも加齢は免れません。
でも、あくまでも自分の体が資本なのです。
健康的な生活を送っていれば希望はまだまだあるのです。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?