昭和大学北部病院(横浜市)で高齢でも自然分娩した体験談

通っている産婦人科とその口コミを教えてください。

産婦人科名:昭和大学北部病院
住所:神奈川県横浜市 都筑区茅ケ崎中央35−1
電話番号:045-949-7000
サイト:http://www.showa-u.ac.jp/SUHY/

口コミ:横浜は出産件数に対して出産できる病院が少ないのか、妊娠数週目で出産予約をとらないと受け入れてもらえる病院が見つからないと言われており、北部病院も月初め予定日だったため、ぎりぎりで申し込みできました。大病院でありながら、出産時の対応についてある程度個別の要望にも応えてもらえ、陣痛時にも好きな体勢をとらせてもらえたために痛みに耐えやすかったです。出産後の母乳ケアも充実していたので、初産で高齢出産の身にとっては、安心感と信頼感がもて非常によかったです。

高齢での妊娠出産体験談をお聞かせ下さい。

 晩婚であったこともあり、半年ほど妊娠しない状況が続いた段階で、何か妊娠を妨げる要因があるのもしれないと、夫婦とも病院で検査をしてもらいました。その結果、特に大きな障害となる要因は見つかりませんでした。結局検査をしたのちに妊娠し、高齢出産となりました。

 妊娠中は血圧の変動が大きく、出先で立っていられなくなることが複数回あったものの、血圧以外は大きなトラブルはありませんでした。へその緒が平均より長く、出産時に首にからまってしまう危険性があると言われたものの、それも結局問題にはなりませんでした。

 予定日一週間ほど前から、陣痛らしきものが二度ありましたが、予定日になっても子宮口も開かず、生まれてくる気配もない。陣痛を促す薬の投与も考えなければならないと言われ、赤ちゃんの頭が通過するに十分かどうか、骨盤の大きさなども事前にレントゲンで調べました。子宮口をやわらかくする薬も使い、どうにか期限ぎりぎりで自然に陣痛が始まりました。

 夜中の12時頃から始まって、病院に来るように言われたのは明け方5時前くらい。タクシーで病院に行くと、子宮口がかなり開いていると言われたものの、そこでいったん赤ちゃんが休憩に入ったようで、陣痛も消えてしまいました。体はらくでよかったものの、時間だけが過ぎていく。促進剤を投与しましょうと早々に言われたのですが、もう少し待ってくださいと頼みました。なんとなく、ここまで自然にきているのに、促進剤で先を急ぐことに怖さがありました。

 結局その後陣痛も再開。陣痛がきて苦しい間も、自由な体勢をとらせてもらえたのでとてもありがたかったです。私は立ったままの方がよかったのですが、立ったままでも楽なようにと特大のクッションをすぐに持ってきてもらえ、陣痛が来ている間は特大クッションに身を預けて耐えていました。

 分娩室に入ってからはあっという間で、結果として、安産の部類に入るお産だったと言えると思います。

流産予防、賢い赤ちゃんになるサプリの選び方



1)質の高いサプリを選ぶ

国内メーカーの多くは合成の栄養素、添加物を使用。
含有量の水増しをするメーカーもあるので、ドラッグストアで売っているような激安品は注意です。

2)葉酸が多いサプリを選ぶ

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、卵子と精子の質を高め若返らせます。

3)DHA, ビタミンEが多いサプリを選ぶ

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

小児治療の権威、ハーレルは、妊娠中の母親に高濃度ビタミンを服用させたところ、子供の知能が著しく向上したと明らかにしました。

流産予防、賢い赤ちゃんを産みたい方へ

完全無添加、ビタミンE・DHA・EPAが豊富な
美的ヌーボプレミアムがオススメです。




このページの先頭へ