出産は痛いものです。
でも想像するだけでも怖いくてストレスになります。

最近では和痛分娩や無痛分娩で痛くないお産ができるようになりました。
和痛分娩を取り扱ってくれる病院はまだ少ないですが痛くないというのは魅力的です。

和痛分娩は計画分娩でなければならない?

出産の痛みといっても陣痛、子宮収縮による子宮の痛みと外陰が赤ちゃんの頭によって押し広げられる時の痛みといろいろ。
この痛みを和らげるお産が和痛分娩です。

和痛分娩の方法は麻酔薬の注射や麻酔ガスを吸ったりする方法です。
最近は硬膜外カテーテルを腰に挿入し、そこから麻酔薬を注入し下半身の痛みをとったりします。

和痛分娩を実施する病院は計画出産をお願いしているところが多いでしょう。
麻酔を使うといってもすぐに効果があるわけではありません。

陣痛がきてもう赤ちゃんが出てきそうな状態で病院についてからだと完全に痛みがない出産にはなりません。
なかには自然陣痛を待ち、陣痛開始後子宮口が少し開いてから麻酔を開始するところもあります。

口コミとかみてもそういう場合はやはり痛いようです。
和痛分娩を希望する場合には痛みをより少なくするためにも計画分娩が好まれます。

そして安全を優先するためにも自然陣痛を待たずにしているという点もあります。
日中に分娩が進行するように計画的に麻酔と分娩誘導を行う病院が多いでしょう。

もちろん、和痛分娩だから計画分娩にしなければいけないということはありません。
しかし自然分娩より計画分娩のほうがスムーズに和痛分娩がすすみやすいのは確かです。

和痛分娩だと赤ちゃんに何か副作用がある?

痛みは人に強力な不安や恐怖感を与えます。
それがストレスになり、体力を消耗し、難産になることもあります。

和痛分娩はそういう意味ではとってもママにとってうれしい出産です。
でも和痛分娩で使われる麻酔が赤ちゃんに悪影響があったらと不安になりますよね。

それに計画分娩だと陣痛促進剤も使うわけですか余計心配ですよね。
もちろん、薬ですから副作用がないわけではありません。

血圧低下や頭痛、血腫、膿瘍ができたりすることがあります。
持病があれば別ですが医学的にはほとんど問題にないといわれています。

わたしは陣痛がこなくて自然分娩希望でしたが計画分娩になりました。
なのでわたしは計画分娩で陣痛促進剤を使いました。

けれども元気な赤ちゃんに恵まれました。
誰しもそうだとは言いませんがリスクは少ないことでしょう。

ちなみにわたしは2回の出産とも計画分娩でした。
麻酔は使いませんでしたが2回とも陣痛促進剤を使っています。

和痛分娩や計画分娩に不安を感じるかもしれません。
そういう場合には医師に納得いくまで質問するといいですよ。

基本的には赤ちゃんにはあまり悪影響はないので頑張ってください!

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?