切迫早産の危険性があると病院から処方されるのがウメテリンでしょう。
病院にもよりますが切迫早産に対処する薬としてウメテリンが主流です。

病院で処方されるといっても妊娠中はあまり薬は服用したくないものです。
しかもどんな薬にも副作用があるので怖いですよね。

ウメテリンについてご紹介したいと思います。

ウメテリンとはどんな薬?

ウテメリンは妊娠16週以降妊婦に使われる薬です。
点滴のの場合もありますし、薬の場合もあります。

ウメテリンはお腹の張りがひどいときや流産や早産の危険性に有効とされています。
ウメテリンの効果は子宮の運動を緩めてくれます。

それによってお腹の張りや痛みなどを緩和してくれます。
重度の切迫早産状態では、病院へ入院する必要があります。

そんなときは点滴でウメテリンが投与されます。
ただ一般的には錠剤を飲む形でウメテリンは処方されます。

気になるウメテリンの副作用とは?

妊娠しなければあまり縁のないウメテリン。
まして妊娠中であれば副作用や赤ちゃんへの影響が気になるところです。

ウテメリンの主な副作用としてはだいたい3つで軽度なものです。
動機や手指の震え、吐き気が主な副作用です。

喘息や高血圧の持病がある人はその薬と併用すると副作用が強くでるときもあります。
薬の飲み合わせには注意が必要です。

確かにウメテリンは副作用がありますが重篤な副作用はありません。
服用当初は体もびっくりして副作用がでるときもあります。

それでも副作用や異常を感じたら担当の医師や薬剤師に速やかに相談しましょう。

ウメテリンは赤ちゃんに影響があるの?

ウメテリンの胎児への影響は医学的にあまりはっきりとはでていません。
しかし通説ではウメテリンは赤ちゃんに大きな影響はないというのがほとんどの説です。

ウテメリンは今までに胎児に悪影響が出たという事例はないようです。
安全性が確認された薬品ですので、赤ちゃん障害が残るなどの危険性はありません。

小なり副作用や影響があるかもしれません。
しかし早産によって赤ちゃんが危険にさらされるリスク回避のほうが重要です。

副作用が心配でも張りきついときにはウテメリンを処方してもらった方が良いでしょう。
不安な場合は医師に直接説明してもらい、不安や疑問を解消しておくといいでしょう。

高齢出産の障害リスクを下げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2分脊椎(奇形児)予防にも葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防<します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

葉酸サプリのおすすめならこれで決まりです

ベルタ葉酸サプリ

国産・高品質な葉酸サプリならベルタ葉酸サプリです。不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け。

続けやすいリーズナブルな価格なのも人気の秘密です。