子宮口が柔らかかったりすると切迫早産の危険性があります。
最悪流産につながることもあります。

病院に相談したってどうにもならないと思っていました。
しかし最近では医療も発達して薬を処方されたりして切迫早産や流産を防ぐことができるようになりました。

一般的な薬はウテメリンですがリトドリンも病院によっては処方されることがあります。
リトドリンについてご紹介したいと思います。

リトドリンはウテメリンとどう違うの?

リトドリンもウテメリンと同様に子宮の筋肉に働きかける効果があります。
それによって子宮が収縮するのを抑えて流産や早産を防いでくれます。

腹の張り止めにとても効果があります。
切迫流産や切迫早産の治療でよく使われるのがウテメリンです。

成分的にはウテメリンもリトドリンも同じです。
リトドリン塩酸塩を主成分としています。

リトドリンはウテメリンのジェネリック医薬品です。
ウテメリンと同じ効き目でありながら安く処方されます。

妊娠・出産・育児といろいろお金がかかることが想定される時期です。
経済的に安くするものは助かりますよね。

リトドリンの副作用は?

じゃあ、リトドリンがウテメリンと同じならリトドリンのほうがいいと思いますよね?
どんな薬も副作用がありますが、リトドリンにも副作用があります。

副作用のほとんどはウメテリンと同じです。
ただウメテリンよりも少しリトドリンは副作用が強い気がします。

リトドリンの副作用としては動悸や手の震えなどが起きやすいです。
基本的には軽い副作用です。

一般的にはリトドリンを服用すると手の震え、頭痛、吐き気、動機が起きやすくなります。
量が増えるほど副作用が起こる確率も高くなります。

副作用は軽いものが多いですが命に関わることもある重い副作用もあります。
リトドリンによって血液成分のバランスが崩れてしまうかたです。

口内炎、鼻血・歯ぐきからの出血・あざが出来やすいなどの出血傾向の症状が出ることがあります。
低カリウム血症気味っだったりすると副作用も強くでやすくなります。

念のため、初期症状には注意し、そのような症状があった場合にはすぐに主治医に相談してください。
とはいっても必要以上に警戒する必要はありません。

リトドリンは切迫流産や早産の危険がある時には赤ちゃんの為にはとても大事なお薬です。
医師の指示に従って用量・用法を守って服用すれば現金な赤ちゃんにきっと会えますよ。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?