通っている産婦人科とその口コミを教えてください。

産婦人科名:やはたウィメンズクリニック
住所:神奈川県伊勢原市東大竹1539-1
電話番号:0463-98-1103
サイト:http://www.ywclin.com

口コミ:院長先生はじめ、スタッフの皆さんすべて感じが良く、安心してお任せできます。
第一子の出産年齢が35歳、第二子は37歳でしたが、二人ともこちらで無事出産することができました。

いつも混んでいる印象はありますが、待合室にはキッズスペースもあり、マタニティーフィットネスも院内で開講しているため、妊娠中でも安心して運動することができます。
入院中は、食堂での食事となるため、ママ同士の会話も大変弾みます。同日に出産したママさんたちとは、子供が大きくなってからも一緒に食事に行ったり、子連れで公園へ行ったりと、いまだにお付き合いしています。

高齢での妊娠出産体験談をお聞かせ下さい。

35歳で初産の私は、予定日を6日過ぎても生まれる兆候がないため、入院して陣痛促進剤を使って出産をすることになりました。
計画出産にもかかわらず、主人はどうしても怖くて立ち会えないとのことで、出産したら連絡をくれといつも通り仕事に行ってしまいました。

入院してすぐ、飲み薬を服用しましたが結局陣痛が起きず、翌朝点滴による陣痛促進剤を使いました。
促進剤を使う方が痛みが強いと良く聞きますが、初産のため比べようがない私には、みんな陣痛はこんなに痛いのだろうな、くらいに思っていました。
痛みを逃すときは、看護師長さんが手を握っていてくれました。助産師さんや看護師さんは、リラックスさせるためか、他愛もない話に笑顔で付き合ってくれていました。

とうとう陣痛がピークになった頃、隣室でもとても痛そうな女性のいきむ声が聞こえてきます。翌日には友人となったその女性は、後に私に、あなたの出産の声めちゃくちゃうるさかったよと、笑っていました。

出産本番、助産師さんの指示通りにいきんでみるのですが、なかなか赤ちゃんは思うように出てきません。
少しお腹を押され、やっとの思いで赤ちゃんが生まれると、ものすごい血が出てきました。床は一面血の海。周りの機材にも飛び散っています。

院長先生の白衣も真っ赤になっていますが、子宮の入り口が裂けちゃったから今から縫うからね、大丈夫だよと冷静に対処してくれました。
その針と糸を操る手さばきが芸術的に素晴らしかったのを覚えています。
はっきり言って出産そのものよりも、子宮口の縫合手術の方が痛かったかれど、やっと娘に会えた喜びで、そんな痛みはどうでも良くなりました。

出産の疲れやあまりの出血でフラーっとなりながらも、赤ちゃんをすぐに抱かせてくれ、冷静に指が5本ずつあるかなど確認しました。
出血を止めるため、しばらくアイスノンをお腹に乗せられマッサージされました。
1000ml以上の出血で、輸血するか瀬戸際のところだったようですが免れました。

その後は貧血がひどく、産後のトイレも念のため看護師さんを呼ぶように言われました。
完全母乳のため、常に貧血気味でしたが、一ヶ月で鉄剤も不要と言われ、回復しました。

やがておっぱいを止めたとき、乳房の痛みが強く、看護師長さんにおっぱいマッサージで助けていただくこともありました。
院長先生の腕はもちろん、スタッフの皆さん素晴らしいこちらのクリニックで出産することができてよかったです。

高齢出産の障害リスクを下げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2分脊椎(奇形児)予防にも葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防<します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

葉酸サプリのおすすめならこれで決まりです

ベルタ葉酸サプリ

国産・高品質な葉酸サプリならベルタ葉酸サプリです。不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け。

続けやすいリーズナブルな価格なのも人気の秘密です。