愛媛県といえば、なんといってもみかんですよね。と同時に、愛媛県は瀬戸内海の新鮮な魚を食べられるところとしても有名なところです。
しまなみ海道などの観光スポットも多数存在します。では、そんな愛媛県にはどういった不妊治療病院があるのでしょうか。

ハートレディースクリニック

住所:愛媛県東温市野田2−100−1 メディカルビレッジ東温松山
電話番号:089−955−0082
サイトURL:http://hlc.d.dooo.jp/
アクセス:自動車では、11号線バイパス グランフジ重信店の東 約400m、伊予鉄電車では伊予鉄横河原線 梅本駅または牛渕団地前駅より 徒歩15分
コメント:こちらの不妊治療病院は、まずなんといってもその建物が目立ちます。まるでどこかのホテルにやってきたかのような気分になります。
     愛媛県の不妊治療病院にはないような雰囲気の病院ですので、気分だけでもリフレッシュできるような、そんな不妊治療病院として有名です。
     3人の医師で日々の診察にあたっており、一般不妊治療から高度生殖医療までを行うことができます。

福井ウィメンズクリニック

住所:愛媛県松山市星岡4丁目2番7号
電話番号:089−969−0088
サイトURL:http://www.fukuiwc.jp/funin/
アクセス:松山市駅から国道33号(国道11号線)を南方面へ20分ほどのところ(看板が目印)
コメント:こちらの不妊治療病院は、産婦人科のほか、愛媛県で不妊治療専門の病院として15年間にわたって実績のある病院です。男性医師と女性医師の2名で診察を行っています。 
     また、こちらの不妊治療病院では、できるだけ自然な方法で、かつ患者に負担の少ないような不妊治療を目指しています。
     同時に、専門のカウンセラーによるカウンセリングで精神面のケアも十分に行ってくれます。

こにしクリニック

住所:愛媛県新居浜市庄内町1丁目13−35
電話番号:0897−33−1135
サイトURL:http://www.konishi-clinic.jp/
アクセス:新居浜警察署から東へ約300m、JR新居浜駅より1.5km(タクシーで約2分)
コメント:こちらの不妊治療病院では、一般的な不妊治療に加えて2004年からは、高度生殖補助医療を行うことが可能となった病院です。
     今では愛媛県内に限らず、愛媛県以外の場所から多くの患者が通院しています。
     また、7名からなる「チーム医療」で、ひとりひとりの患者の治療をサポートしてくれます。

     解放感あふれる待合室や、キッズルームも完備してありますので、小さなお子さん連れでも診察が可能ですので、助かります。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?