高知県には全国的にも有名な観光スポットが数多くあります。四万十川や室戸岬は誰もがその観光地を訪れたいと思うのではないでしょうか。
食べ物でも、特に高知県のカツオは絶品で全国からお取り寄せの問い合わせがくるほどです。
ところで、そんな高知県で定評のある不妊治療病院は、どのような不妊治療病院があるのでしょうか。

レディースクリニックコスモス

住所:高知県高知市杉井流6−27
電話番号:088−861−6700
サイトURL:http://www.lccosmos.jp/
アクセス:高知駅より20分ほど
コメント:こちらの不妊治療病院は、高知県では定評のある不妊症の診療を中心とした不妊治療病院です。
     患者がよく治療のことを理解し、自分自身の体の正しく把握したうえで、それぞれに合った治療法を提案してくれる不妊治療病院です。
     また、午後の診察は水曜日を除いて行っているので何かと助かります。

小林レディスクリニック

住所:高知県高知市竹島町13−1 うしおえメディカルビル・イーア3F
電話番号:088−805−1777
サイトURL:http://koba-lc.gr.jp/
アクセス:高知県交通「竹島高銀前」<上り>土佐高校新グラウンド前・<下り>高知銀行竹島支店前
コメント:こちらの不妊治療病院は、平成14年に開業した比較的新しい不妊治療病院です。一般不妊治療に力を入れている病院ですので、安心です。
     また、体外受精コーディネーターの資格を持つ杯培養士によるカウンセリングも受けることができますので、心強いですね。
     男性不妊も診察ができますので、男性患者も多いようです。

高知医療センター

住所:高知県高知市池2125−1
電話番号:088−837−3000
サイトURL:http://www2.khsc.or.jp/info/dtl.php?ID=1111
アクセス:高知東部自動車道「高知南IC」より車で10分程度
コメント:こちらの不妊治療病院では、一般的な不妊治療から高度生殖医療までを行うことができます。
     医師4人をはじめ、生殖医療に携わってきた経験豊富な看護師などと日々の治療にあたっています。
     毎週水曜日の午後は、不妊症看護認定看護師によるカウンセリングを受けることもできます。

高知大学医学部付属病院

住所:高知県南国市岡豊町小蓮185−1
電話番号:088−866−5811
サイトURL:http://www.kochi-ms.ac.jp/~hsptl/index.html
アクセス:高松方面から:国道32号線から県道384号線に入り西進(約4.5km)
コメント:こちらの病院は総合病院ですが、産科婦人科内で、不妊治療を行っている病院です。漢方療法も行っている不妊治療病院でもあります。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?