岐阜県と言えば、なんといっても有名なのが世界遺産の白川郷ですよね。美濃の陶器もまた全国的に人気の品です。
では病院ではどうでしょうか。例えば不妊治療病院に関しても全国的に有名な不妊治療病院があるのでしょうか。

岐阜県の不妊治療病院:クリニックママ

岐阜県のクリニックママは、岐阜県大垣市今宿3−34−1にあります。問い合わせ先は、0120−882−882です。
アクセスも良好でJR東海道本線「大垣駅」から車で約5分、名神高速道路「大垣IC」から車で約15分ほどで到着することができます。

こちらの不妊治療病院では、一般不妊治療から高度生殖補助医療までをおこなうことができます。
不妊治療のやり方としては、一般的な検査から徐々にステップアップしていくやり方ですが、患者の思いや希望を大切にし、納得のいくまで丁寧な説明を心がけています。
また、予約制による診察ですので初診の人は電話での予約が必要になります。

岐阜県の不妊治療病院:高橋産婦人科

岐阜県の高橋産婦人科は、岐阜県岐阜市梅ケ枝町3−41−3にあります。問い合わせ先は、058−263−5726です。
アクセスはJR岐阜駅よりバスで「西野町バス停」から歩いてすぐのところに病院があります。

こちらの不妊治療病院は、不妊症外来で不妊治療を行うことができます。また、不育症の治療もできます。
こちらの不妊治療病院では体外受精で妊娠・生まれた赤ちゃんが約1500人います。体外受精以外の不妊治療となるとじつに4000人以上の人が出産しています。
この実績を聞き、岐阜県内外から多くの患者が通院してきます。

岐阜県の不妊治療病院:中西ウィメンズクリニック

岐阜県の中西ウィメンズクリニックは、岐阜県多治見市大正町1−45にあります。問い合わせ先は、0572−25−8882です。
アクセスも良好で、JR多治見駅より歩いて10分程度・多治見ICより自動車で5分ほどです。病院には駐車場が49台完備されているので、駐車場の心配はありません。

こちらの不妊治療病院では、赤ちゃんが欲しい人たちの交流会「フェリーチェクラブ(現在は休止中)」が開催されています。
また、体外受精などの高度生殖補助医療の説明会を定期的に開催しています。専門カウンセラーによるカウンセリングの充実も予定していますので安心です。
予約優先の診察になっているので、来院前には予約を忘れないようにしましょう。

このように、岐阜県には評判のいい不妊治療病院があります。数多くある不妊治療病院のなかでご自身に合った病院を探しましょう。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?