静岡県はみなさんご存知の通り、全国的なお茶の生産地です。毎年春にはお茶の最盛期を迎え、静岡県全体が活気づく季節でもあります。
静岡県は、その場所も首都圏に近いので買い物や観光も都会に行く人が多いようです。
しかし、病院はそうもいかない場合もあります。特に不妊治療ともなると、交通費や治療費もかさばりがちです。

では、静岡県にはどんな不妊治療の病院があるのでしょうか。

静岡県の不妊治療病院:西村ウイメンズクリニック

静岡県の西村ウイメンズクリニックは、静岡県浜松市中区上島6−30−3にあります。問い合わせ先は、053−479−0222です。
上島駅から歩いて約10分ほどで到着することができますので便利ですね。

こちらの不妊治療病院では、不妊の原因を探り、その原因に応じて的確な治療を行っていきます。高度生殖医療までを行うことが可能です。
残念なことに、高度生殖医療を行っても確実に妊娠すると言う保証はどこにもないこと、治療をしていない周期に妊娠する場合もあるということを理解したうえで不妊治療に臨むことが大切とのことです。
また、院長自身の専門分野が不妊症でもあるので、その実績に期待して静岡県内外からも多くの患者が通院している不妊治療病院でもあります。

開院して16年の時点で、じつに9000人ほどの女性が妊娠しています。
不妊コーディネーターによるカウンセリングも受けることができるので、疑問点をクリアにすることができます。

静岡県の不妊治療病院:俵IVFクリニック

静岡県の俵IVFクリニックは、静岡県静岡市駿河区中田3−3−5、クリエイトSD中田店の2Fにあります。
問い合わせ先は、054−288−2882です。こちらも不妊治療専門の病院です。一般的な不妊治療から高度生殖医療までを行うことが可能です。
また、専門外来として、体質改善外来・男性不妊外来・漢方外来・遺伝カウンセリング外来があり、様々な問題を専門的に診てくれるので心強いでしょう。

月に2回、予約制で生殖補助医療技術に関しての勉強会を行っています。勉強会では医師・杯培養士・不妊カウンセラーなど専門分野の視点から見た生殖補助医療技術のことを分かりやすく説明してくれます。
あくまでも自然妊娠を目指すことからはじめ、患者ひとりひとりの希望を尊重しながら治療に当たっていきます。

このように、静岡県には不妊治療において実績のある不妊治療病院が数多く存在します。
選択肢が多い分迷うこともあるかと思いますが、ご自身に合う不妊治療病院をぜひ探してみてください。

高齢出産の障害リスクを下げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2分脊椎(奇形児)予防にも葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防<します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。







何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?