三重県には数多くの観光名所があります。なかでも伊勢神宮は誰もが知っている名所ですが、隠れ名所として志摩地中海村なども徐々にその知名度を上げています。
では、三重県の不妊治療病院にも知られざる有名な不妊治療病院があったりするのでしょうか。

三重県の不妊治療病院:みのうらレディースクリニック

三重県のみのうらレディースクリニックは、三重県鈴鹿市磯山3−9−17にあります。問い合わせ先は、059−380−0018です。
こちらの不妊治療病院は、不妊症・不育症専門の病院として多くの患者の不妊治療をサポートしています。
また、不妊治療を行うにあたって一番大切なことは十分なカウンセリングだと考えているクリニックです。

男性と女性それぞれの検査から始め、その検査結果をもって約1時間のカウンセリングを行います。
その時に病院側から幾つかの治療法を紹介してもらい、後日そのなかから治療法を選んで治療に入っていくことになります。
はじめから十分なカウンセリングのもと、不妊治療を始めることができるので、不安な点がなくなり、安心することができるでしょう。

三重県の不妊治療病院:西山産婦人科不妊治療センター

三重県の西山産婦人科不妊治療センターは、三重県津市栗真中山町202にあります。問い合わせ先は、059−232−0123です。
こちらの不妊治療病院は病院名のとおり、不妊治療を専門とする病院です。アクセスも良好で、JR津駅から自動車で約10分ほどのところにあります。
生殖医療専門医の2人の医師が診察にあたっています。

毎月1回、体外受精についての説明会を開催しています。不妊治療は夫婦どちらかががんばってもうまくいくものではありません。こちらの説明会はなるべく夫婦での参加を呼び掛けています。
開院以来の累積妊娠率は50パーセント以上を保っています。この妊娠率は全国的にもめずらしい確率です。
そのため、三重県内外から非常に多くの患者が来院してきますので待ち時間にはそれなりの覚悟も必要です。

三重県の不妊治療病院:ヨナハ産婦人科小児科病院

三重県のヨナハ産婦人科小児科病院は、三重県桑名市和泉イノ割219にあります。問い合わせ先は、0594−27−1703です。
こちらの不妊治療病院では、一般不妊治療から高度生殖医療までを行うことができます。

また、不妊治療を受けている患者対象の「きてみて倶楽部」という、交流会が行われています。
交流会では患者同士の交流と体をほぐす体操を行っており、これとは別に不妊カウンセリングも受けることができます。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?