「鳥取県」と言えば、誰がなんと言おうと有名なのが「梨」と「鳥取砂丘」でしょう。
そんな鳥取県ですが、不妊治療に関しての病院も有名な病院が存在するのでしょうか。ぜひ知りたいところです。

鳥取県の不妊治療病院:タグチIVFレディースクリニック

鳥取県のタグチIVFレディースクリニックは、鳥取県鳥取市覚寺63−6にあります。問い合わせ先は、0857−39−2121です。
アクセスは鳥取空港から空港入口交差点を右折、国道9号線を京都方面へ覚寺交差点を右折し、ファミリーマート(信号有)を左折すると病院があります。
電車からでは、JR鳥取駅から国道53号線(若桜街道)を県庁方面へ、県庁前を左折、丸山交差点を右折し、渡辺美術館前を通過後、ファミリーマート(信号有)を右折すると病院があります。

こちらの不妊治療病院では、最新の医療技術と設備をもってクオリティの高い医療を患者に提供しています。
現在では、こちらの不妊治療病院で不妊治療を行った患者数は300人を超えるまでになりました。
また、「ウィッシュベビー」の会という、赤ちゃんを欲しい人たちのために月1回のペースで交流会を開催しています。

鳥取県の不妊治療病院:鳥取県立中央病院 不妊専門相談センター

鳥取県の鳥取県立中央病院 不妊専門相談センターは、鳥取県鳥取市江津730にあります。問い合わせ先は、0857−26−2271です。
こちらの病院は総合病院ですが、不妊や不育症に関する悩みを持った人のために不妊専門相談センターを開設しています。
不妊症看護認定看護師による相談窓口があり、鳥取県内外から多くの患者が来院しています。

相談は無料で受けることができますし、相談方法も電話がいいか、面談形式がいいかを選択できるので気軽に相談を受けることができそうです。

鳥取県の不妊治療病院:医療法人社団ミオ・ファティリティ・クリニック

鳥取県の医療法人社団ミオ・ファティリティ・クリニックは、鳥取県米子市車尾南2−1−1にあります。問い合わせ先は、0859−35−5211です。
最寄駅は、東山公園駅で東方向に約1kmほどのところにこちらの病院があります。

こちらの不妊治療病院は、女性の医師もいるので、男性医師がどうしても苦手な人にはうれしい不妊治療病院です。
赤ちゃんが欲しい人はできるだけ早い受診をしてもらい、患者の体調や生活環境に応じた治療が必要であると考える不妊治療病院です。
また、不妊症看護認定看護師による予診の後に医師の診察がありますので、疑問や不安なことは予診時に話しておくといいかもしれません。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?