「北海道」と言ったら、なんといっても広大な土地が魅力の場所ですよね。観光地はその土地ごとに魅力的なところが数多く存在します。
一方で、病院はどうでしょうか。なかでも不妊治療の病院は北海道にはどのような不妊治療病院があるのか、気になりますね。

北海道の不妊治療病院:美加レディースクリニック

北海道の美加レディースクリニックは、北海道札幌市豊平区平岸3条13丁目5−21、南平岸ビルの1・2・3階にあります。
問い合わせ先は、011−833−7773です。アクセスも非常に良く、地下鉄南北線南平岸駅から歩いてすぐのところに病院がありますので、迷うことはないでしょう。

こちらのクリニックは、不妊治療専門の病院となっています。不妊や不育の原因を突き止め、それに合わせた的確な治療を行ってくれます。
また、こちらのクリニックの院長は女性ですので、男性医師が苦手という患者にとっては通院しやすい不妊治療病院と言えるでしょう。

こちらのクリニックのもうひとつの大きな特徴が、生殖医療相談士もしくは不妊カウンセラーの認定資格を有する看護師による個別カウンセリングが受けられるという点ではないでしょうか。
何かと疑問や不安がつきまといがちな不妊治療です。こういった相談窓口があると不安も幾分か和らぐ気がしますね。

北海道の不妊治療病院:札幌マタニティ・ウィメンズホスピタル

北海道の札幌マタニティ・ウィメンズホスピタルは、北海道札幌市北区北13条西4丁目、北海道大学病院前にあります。
問い合わせ先は、011−746−5505です。交通面でも、中央バスで北大病院前を下車するとすぐのところに病院が見えます。

こちらの病院は、産科や小児科もあるのですが、なかでも婦人科の不育症外来には連日北海道内外から多くの患者が受診を希望してきます。
不妊症での診察ももちろんできます。

北海道の不妊治療病院:医療法人 育愛会 札幌東豊病院

北海道の医療法人 育愛会 札幌東豊病院は、北海道札幌市東区北17条東15丁目3番にあります。
問い合わせ先は、011−704−3911です。アクセスは地下鉄東豊線、環状通東駅より歩いて数分のところに病院があります。

こちらは産科・婦人科・小児科・不妊症外来があり、他の病院にはなかなかない、土日祝日も診察が可能だということです。
仕事で忙しい人たちにはありがたい話です。

こちらの不妊治療病院は一般的な不妊治療から高度生殖医療までが可能で、様々な患者に適した検査・治療をもって一日も早い妊娠を目指す不妊治療病院です。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?