青森県は、言わずと知れた「りんご」の産地でもあります。また、観光地では世界遺産の白神山地が有名ですよね。
そんな青森県ですが、観光地や特産物と同様、不妊治療を行っている病院として有名なところにはどんな不妊治療病院があるのでしょうか。

青森県の不妊治療病院:レディスクリニック・セントセシリア

青森県のレディスクリニック・セントセシリアは、青森県青森市大字筒井字八ツ橋95−12にあります。
問い合わせ先は、017−738−0321です。アクセスは東北自動車道「青森中央」ICから車で5分ほどと、自動車での移動がよさどうです。

こちらの不妊治療病院は、一般的な不妊治療から高度生殖医療までを行うことができます。
また、不育症の検査も行っており、不育症の治療に青森県内外から患者が訪れています。
インターネットでは、体外受精の希望者に向けた「体外受精講座」というビデオを視聴することができるので、場所を気にすることなく勉強ができそうです。

青森県の不妊治療病院:弘前大学医学部附属病院

青森県の弘前大学医学部附属病院は、青森県弘前市本町53にあります。問い合わせ先は、0172−39−5283です。
大学病院ですので、様々な症状を持った人が毎日通院しており、不妊治療をするにしても症例の多さが患者にとっての安心材料になるでしょう。
また、総合病院ですので、「不妊」という問題をトータルで診ながら不妊治療に臨むことができるでしょう。

多くの生殖医療補助治療の実績があり、その件数も年々増えています。不育症についての相談も可能です。
不妊症の原因となる部位の手術も可能で、東北・北海道では初めてといわれる「ロボット支援手術」を開始したそうです。

青森県の不妊治療病院:エフ・クリニック

青森県のエフ・クリニックは、青森県青森市浜田3−3−7にあります。問い合わせ先は、017−729−4103です。
アクセスは、自動車では東北自動車道「青森中央」ICから5分ほど、青森空港からも自動車で20分ほどと、決して悪くはないようです。

こちらの不妊治療病院は、前の病院から引き継いで開業し、まだ間もないですが、不妊治療の実績においては評判の不妊治療病院です。
その評判を聞きつけて、遠方からの患者も多く通院してきています。外来には、男性不妊外来もあるので、男性の通院数も多いようです。
また、プライバシーに十分配慮した場所での「遺伝カウンセリング」も受けることができます(1回3000円)。

不妊治療を行っている病院それぞれの情報を比べながら病院選びをしてみてください。

高齢出産の障害リスクを下げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2分脊椎(奇形児)予防にも葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防<します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。







何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?