岩手県は、花巻温泉や宮沢賢治記念館などに代表される魅力ある観光地が数多くあります。
そんな岩手県ですが、病院関係、特に不妊治療を行っている病院にはどのような不妊治療病院があるのでしょうか。

岩手県の不妊治療病院:さくらウィメンズクリニック

岩手県のさくらウィメンズクリニックは、岩手県盛岡市中ノ橋通 1丁目4−22、中ノ橋106ビル4階にあります。
問い合わせ先は、019−621−4141です。最寄のバスセンターからもすぐです。こちらのクリニックは、不妊治療専門の病院です。
不妊の相談から、体外受精などの高度生殖医療までを行うことができます。

初めての診察を希望する人は、はじめに専門スタッフによる面談をすることになります。
そこで、今後の検査や不妊治療の内容などを相談しならが決めることになります。このようにじっくりと話し合う時間が最初に設けられているということは心強い点ですね。
また、この面談とは別に不妊カウンセリングも受けることができます。

岩手県の不妊治療病院:岩手医科大学付属病院

岩手県の岩手医科大学附属病院は、岩手県盛岡市内丸19−1にあります。問い合わせ先は、019−651−5111です。
自動車では盛岡駅から10分程度ですので、通院することもさほど苦痛になるようなアクセス状況ではありません。

こちらの病院は、産科・婦人科とは別に不妊相談やその検査や治療も行っており、体外受精も行うことができます。
毎週月曜日と水曜日の午後は、不妊相談外来での相談なども可能です(要予約)。それと併せて遺伝相談外来もあるので、相談する患者も多いようです。

岩手県の不妊治療病院:岩手県立二戸病院

岩手県の岩手県立二戸病院は、岩手県二戸市堀野字大川原毛38番地2にあります。問い合わせ先は、0195−23−2834です。
自動車では、東北自動車道八戸線一戸インターチェンジより北(青森方面)へ10kmほどのところにあります。大きな駐車場もあるので安心です。
こちらの病院の婦人科では、不妊症に関しての相談をすることができます。診察は午前中のみなので、注意が必要です。

岩手県の不妊治療病院:医療法人 愛心会 産科・婦人科 KUBOクリニック

岩手県の医療法人 愛心会 産科・婦人科 KUBOクリニックは、岩手県花巻市御田屋町1番69号にあります。
問い合わせ先は、0198−21−1103です。こちらのクリニックの午後の診察時間は他の不妊治療病院と比べてちょっと短めの16時30分までです。
まずは、不妊相談から受けてみてもいいかもしれません。

高齢出産の障害リスクを下げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2分脊椎(奇形児)予防にも葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防<します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。







何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?