山形県と言えば、蔵王温泉をはじめとする多くの有名な温泉どころですよね。そのほかにもお城や公園もあり、自然に囲まれている山形県。
その山形県ですが、医療関係とくに不妊治療で有名な病院にはどのようなところがあるのでしょうか。

山形県の不妊治療病院:ゆめクリニック

山形県のゆめクリニックは、山形県米沢市東三丁目9−3にあります。問い合わせ先は、023−826−1537です。
様々な交通手段での通院が可能で、自動車では国道13号線米沢南陽道路米沢北ICより車で10分程度、電車ではJR奥羽本線、米坂線、山形新幹線「米沢駅」より歩いてすぐのところにあります。

不妊治療での有名な病院が決して多くない山形県で、不妊で悩む人々になんとか質の高い生殖補助医療を提供したいという院長が設立した不妊治療病院です。
また、この不妊治療病院の院長は、山形県内の生殖医療専門医3人のうちのひとりですので、安心して治療に進むことができそうです。
そのほか、不育症の治療や、個別相談も受け付けています。

山形県の不妊治療病院:山形大学医学部附属病院

山形県の山形大学医学部附属病院は、山形県山形市飯田2−2−2にあります。問い合わせ先は、023−633−1122です。
こちらの大学病院の産婦人科内で、不妊に関する相談や治療を受けることができます。高度生殖医療も可能です。
病院内には不妊を診てくれる医師が4人いて、不妊の原因となる治療がほぼできる病院として有名です。

また、妊娠した場合でも転院することなくこちらの大学病院で診てもらうことができるので、その点のストレスも軽減されます。

山形県の不妊治療病院:すこやかレディースクリニック

山形県のすこやかレディースクリニックは、山形県鶴岡市東原町19−27にあります。問い合わせ先は、023−522−8418です。
自動車ではJR羽越本線 鶴岡駅から10分程度、バスでの通院も可能です。

こちらの不妊治療病院は、女性の、年齢によって様々に変化する時に、一番そばにいれるような病院づくりを目指しています。
一般的な不妊治療から高度生殖医療までの治療が可能な不妊治療病院で、不妊生殖学会認定の不妊カウンセラーによるカウンセリングも受けることができます。

また、こちらの不妊治療病院では「不妊」ではなく、いまだ妊娠を待っている準備段階という「未妊」という言葉を使用しています。
患者である女性の気持ちを大切にしてくれている病院という感じがしますね。
また、一般外来との診察時間や待合室も異なる場所にしてあるため、知人に会うなどのストレスも感じなくて済みそうです。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?