石川県には、温泉や兼六園など、古くからの観光スポットが多数存在しており、近年では特に外国からの観光客がますます増えていると聞きます。

そのような石川県にも、不妊治療で有名な病院はあるのか、不妊治療を考えている人にとっては気になることではないでしょうか。

石川県の不妊治療病院:金沢たまごクリニック

石川県の金沢たまごクリニックは、石川県金沢市諸江町中丁327−1にあります。問い合わせ先は、076−265−3300です。
アクセスは自動車では北陸自動車道金沢東IC・電車ではJR金沢駅が最寄りの駅となります。クリニックには駐車場もありますので、安心して通院することができます。

こちらのクリニックは、不妊治療専門のクリニックです。診療とは別の時間帯で詳しい説明や相談を受け付けています。
また、体外受精を考えている人は、そのための診察を受ける前に説明をしっかり受けてもらい、理解してもらうことからはじめています。
その結果、患者も医師も同じ方向を見て治療に前向きに臨むことができます。

石川県の不妊治療病院:鈴木レディスホスピタル

石川県の鈴木レディスホスピタルは、石川県金沢市寺町2丁目8−36にあります。問い合わせ先は、076−242−3155です。
アクセスは電車でJR金沢駅からバスで15分程度、自動車では寺町通り北國銀行寺町支店角を曲がって左側に病院があります。駐車場もありますので便利です。

こちらの不妊治療病院では、最新の機器を用いての体外受精や顕微授精などの高度生殖医療を受けることも可能です。
何かと悩みがちな不妊治療ですが、専門の臨床心理士によるカウンセリングも受けることができるので、心強いでしょう。

石川県の不妊治療病院:めぐみクリニック

石川県のめぐみクリニックは、石川県金沢市近岡町345−1にあります。問い合わせ先は、076−237−1135です。

こちらのクリニックは、最先端の医療技術とサービスで患者の診察に当たっています。また石川県内の医療機関とも連携がとれているので万が一の時にも安心できます。
こちらの不妊治療病院での不妊治療は人工授精までしかできませんが、体外受精などの生殖補助医療などを必要とする患者に対しては、その都度きちんと紹介をしてくれます。

また、漢方療法を用いて自然なかたちでの妊娠を目指すこともできます。

このように、石川県には患者の気持ちを大切にしながら不妊治療に臨むことができるような不妊治療病院があります。
どこまでの治療を望むのか、また治療内容をよく理解したうえで不妊治療病院を選ぶといいかもしれません。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?