「福井県」と聞いて、みなさんは何をイメージするでしょうか?正直なところ、これと言って思いつかない人が多いかもしれません。

しかし、福井県鯖江市のめがねはとても有名で、外国の方にも非常に人気が高いといいます。
では病院、なかでも不妊治療を行っている病院も人気の病院が福井県にはあるのか、気になりますよね。

福井県の不妊治療病院:西ウィミンズクリニック

福井県の西ウィミンズクリニックは、福井県福井市木田2−2102にあります。問い合わせ先は、0776−33−3663です。
アクセスは電車でJR越美北線「越前花堂駅」から歩いて15分ほど、北陸自動車道「福井IC」から3km、福井駅から10分ほどで到着することができます。

こちらの病院は、不妊治療専門病院として患者ひとりひとりに合った治療を提案してくれる病院です。
また、こちらの病院の院長は30年以上にわたって不妊治療を専門として数多くの患者を診察してきたベテラン医師ですので、福井県内外からも多くの患者が通院しています。
タイミング法から体外受精や顕微授精まで幅広く治療を受けることが可能です。

福井県の不妊治療病院:根上レディースクリニック

福井県の根上レディースクリニックは、福井県福井市西開発2−221にあります。
問い合わせ先は、0776−52−6333です。

アクセスも比較的良好で、電車ではえちぜん鉄道勝山永平寺線・越前開発駅より歩いて10分、自動車でも北陸自動車道・丸岡ICから10km弱のところに病院があります。

こちらの不妊治療病院でも、タイミング法などの一般的な不妊治療から、体外受精などの高度生殖医療を受けることが可能です。
不育症に関する検査も受けることができます。

福井県の不妊治療病院:福井大学医学部附属病院

福井県の福井大学医学部附属病院は、福井県吉田郡永平寺町松岡下合月23−3にあります。問い合わせ先は、0776−61−3111です。

アクセスは自動車では丸岡インターチェンジより約10分、バスでは少し時間がかかり、JR福井駅前発 福井大学病院行のバスで30分程度かかります。
電車では、えちぜん鉄道(勝山永平寺線)松岡駅下車京福バス乗り換え、福井大学病院行きの電車で約5分程度で到着することができます。

こちらの大学病院の産科では、不妊症・不育症を診察してくれます。曜日や時間帯によって診療内容が変わってきますので、注意が必要です。

このように福井県にはそれぞれの特徴をもった不妊治療病院が存在します。それぞれの不妊治療病院の特徴を踏まえ、不妊治療病院選びをするといいでしょう。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?