現代は晩婚化が進み、高齢出産も増えています。
高齢出産と聞くと体力的な不安や子供への影響や不安な要素がたくさんありますね。
高齢出産において障害児かもしれないという不安は必ずあるものです。

産まれてから子供が障害児だったと発覚する可能性もあります。
もしも子供が障害児だったら…あなたは出産・子育てしていく覚悟はありますか?

高齢出産だとリスクが高い?

高齢出産になりますとやはり卵子の老化もあり妊娠自体確率が低くなります。
年齢が高くなるにつれてダウン症や障害児の子を妊娠する確率も増える傾向にあります。
特に最近は知的障害や自閉症などの障害児も増えつつあります。

しかし高齢出産だからと言って必ずしもみんな障害児が生まれるわけではありません。
年齢関係なく、妊娠出産にはトラブルはつきものです。
障害児が生まれる可能性というのは誰にでもあるものなのです。

出世前診断は必要か

出世前診断として用水検査があります。
お腹にいる赤ちゃんの状態が明確に分かるわけではありませんが、ある程度前もって調べることができます。
これは健常児、障害児の命の選択をする検査だと賛否両論もありますが高齢出産で自身の健康状態や羊水の状態に不安を抱えているのならば知っておくことも必要なのではと思います。

検査は色々ありますが母親だけでなく父親に原因があることもあるのです。

どんな結果であろうとも授かった命は自分達の子供に変わりはなく、育てようと決めている方は、この検査は受ける必要はないかと思います。
高齢出産を考えていらっしゃる方で障害児を産むかも知れない、後悔するかも知れないと産む前からマイナスに決めつけて思うのならば、出産は諦めた方がいいかもしれません。

子どもを育てるということは健常児でも障害児であっても大変なことです。
精神的、体力的、経済的にも負担がかかってきます。
それでも自分たちの子供というのはどんな形であっても授かった瞬間から尊い命であり愛おしく喜びになるのではないでしょうか。

高齢出産であっても心から子どもを望み前向きなものであれば、母親だけでなく父親も一緒に考えていくべきだと思うのです。
子供が授かったら、もし障害児の子供が産まれたらどうしていくのか等、夫婦で話し合いお互いの考えを尊重し協力して行くことが一番大切なことだと思います。

高齢出産の障害リスクを下げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2分脊椎(奇形児)予防にも葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防<します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。







何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?