いざ不妊治療を行うとなると、治療にかかる料金や、具体的にどういった検査・治療をするのか分からないことだらけです。
また、どのような不妊治療病院が実際によい病院なのかもよく分からないことが多いものです。
例えば愛知県においては、有名な不妊治療病院は、どのような不妊治療病院が存在するのでしょうか。

愛知県の不妊治療病院:おち夢クリニック名古屋

おち夢クリニック名古屋は、愛知県名古屋市中区丸の内3−19−12、久屋パークサイドビル8階にあります。
問い合わせ先は、初診予約052−968−2203、再診予約052−968−2224です。
愛知県地下鉄名城線・桜通線「久屋大通」から歩いてすぐのところに立地しているので、非常に便利です。

こちらのクリニックは、患者と一緒に妊娠することを目指し、その先に待っているであろう妊娠生活や出産後の生活までを見据えた治療を行ってくれる、頼りになる不妊治療病院です。
また、それぞれの患者にとって「この検査は必要なのか、不必要なのか」きちんと見極めたうえで、不妊治療を行ってくれます。
それぞれの患者のパターンを大切にし、負担も大きくならないように治療を行ってくれる不妊治療病院だと言えそうです。

また、「自然周期体外受精勉強会」も行われており、こちらのクリニックの基本理念も含め聞くことができ、勉強になりそうです。

愛知県の不妊治療病院:つかはらレディースクリニック

つかはらレディースクリニックは、愛知県一宮市浅野字居森野71−1にあります。問い合わせ先は、0586−81−8000です。
場所は名神一宮インターから数分、浅野公園前バス停からも数分のところにありますので、移動手段を選ばず通院できそうです。
こちらのクリニックは、不妊を専門に学んでいた先生を含め3人の先生が常勤しているので、急患時も対応が素早いので助かるようです。

「新しい家族の誕生」という幸せを得るためのお手伝いをすることが、このクリニックの考えです。
建物のつくりも、癒しの空間を意識してつくられてあるので、何かと敷居の高い不妊治療病院でも、通院することが苦にならないで済むかもしれません。
一般不妊治療から顕微授精などまでを行うことができます。また、めでたく妊娠できた後も、エステティックサロンやヨガスタジオなども併設されていますので、気分転換もできそうですね。

このほかにも、愛知県には素晴らしい専門知識を持った先生がいらっしゃる不妊治療病院がたくさんあります。
まずは、ご自身の目で見て、愛知県ではどの不妊治療病院がいいのか探してみてはいかがでしょうか。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?