不妊で悩んでいるカップルはいまは6組に1組といわれています。この現象は、女性の社会への目覚ましい進出によって晩婚化が進んだことにあります。
結婚した時には既に高齢と言われる時期に差し掛かっている人が多いことになり、そのことが不妊を引き起こす原因となっているのです。
不妊に悩む人々は、できたら実績のある不妊治療病院でできるだけ早く治療に入りたいと思っています。

では、大阪府で有名な不妊治療病院とはどのような不妊治療病院が存在するのでしょうか。

大阪府の不妊治療病院:IVF大阪クリニック

IVF大阪クリニックは、大阪府東大阪市長田東1丁目1−14にあります。問い合わせ先は、06−4308−8824です。
アクセスも、大阪市市営地下鉄・中央線「長田」駅より歩いてすぐのところにありますので、通院しやすいですね。また、近くに駐車場もあるので、自動車での通院も可能です。

こちらのクリニックは、世界最高水準の機器を兼ね備えており、、専門の知識を持った「生殖心理カウンセラー」・「生殖栄養カウンセラー」が一緒に悩みを解決してくれるでしょう。
また、大阪府内に限らず全国から患者が集まってくる不妊治療病院でもあります。遠方の方のために交通費など、最低限の出費で済むように、「ミニマム・ステイ・IVF」という独自のシステムがあります。
遠方からでもここの不妊治療病院にわざわざ患者が多く通院してくる理由も分かるような気がしますね。

インターネットでは、院長みずからのブログも見ることができ、その時々の情報をいち早くチェックできるのも患者にとってメリットです。

大阪府の不妊治療病院:扇町ARTレディースクリニック

扇町ARTレディースクリニックは、大阪府大阪市北区神山町1−7アーパネックス神山町ビルの5Fにあります。問い合わせ先は、06−6311−2511です。
アクセスも地下鉄扇町から徒歩3分と、良好です。2006年の施設の拡大により、男性不妊外来ができました。

こちらのクリニックは、問診室と診察室はすべて個室となっており、とてもプライバシーが守られています。
また、患者それぞれの生活環境や価値観を第一に考え、そのうえでどういった検査・治療が合っているのか共に考えてくれます。
カウンセリングにおいても、心理カウンセリングのほかに、遺伝カウンセリングも行っているので、不安なことを相談するきっかけになってくれそうです。

このほかにも、大阪府には非常に多くの不妊治療において高い実績をあげている不妊治療病院があります。
大阪府で高い専門性を持つ不妊治療病院をぜひ見つけてくださいね。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?