不妊治療の場合に限らず、「病院選び」はもしかしたら一番難しいことかもしれません。
さて、京都府で有名な不妊治療病院とは、どういった特徴を持った不妊治療病院が存在するのでしょうか。

京都府の不妊治療病院:醍醐渡辺クリニック

京都府の醍醐渡辺クリニックは、京都府京都市伏見区醍醐高畑町30−15にあります。問い合わせ先は、075−571−0226です。
地下鉄東西線の醍醐駅からすぐのところにありますので、クリニックへは迷うことなく行けます。また、自家用車で通院の人にも安心な駐車場完備です。

インターネットでの予約も可能で、診察も珍しい日曜日の診察がありますので、患者にとって非常に助かるポイントと言えるでしょう。
不妊・心理カウンセリングも行っている不妊治療病院ですので、まずは気軽にカウンセリングを利用してみるのもいいかもしれませんね。

こちらの不妊治療病院では、一般的な不妊治療から顕微授精まで行っており、今まで妊娠した人はじつに8000人を超えています。
また、不妊治療の最新技術と知識を持って診察・治療を行ってくれるので安心です。

京都府の不妊治療病院:足立病院

京都府の足立病院は、京都府京都市中京区東洞院通り二条下ル にあります。問い合わせ先は、075−221−7431です。京都市営地下鉄・烏丸御池駅からもすぐです。
こちらの不妊治療病院のモットーは「女性の一生を健康にサポートする」ことです。年齢に応じて様々な変化を遂げる女性の体を第一に考えてくれそうです。
また、子育て支援に力を入れている不妊治療病院としても有名で、親子教室・マタニティ教室・病児保育施設などを兼ね備えています。

そのほかの特徴としても、京都府内外にも多くの関連病院がありますので通院面など何かと安心できそうです。

京都府の不妊治療病院:田村秀子婦人科医院

京都府の田村秀子婦人科医院は、京都府京都市中京区御池高倉東入ル御所八幡町229にあります。問い合わせ先は、075−213−0523です。
京都市営地下鉄烏丸線の「御池」駅または東西線の「烏丸御池」駅から歩いて数分とアクセス良好です。
こちらの不妊治療病院は「患者に気軽に通院してもらえる病院」であることを大事にしています。

3人の先生が交代で診察をしており、一般的な不妊治療から顕微授精なども行っており、男性不妊治療も可能な不妊治療病院です。
不育症の治療法や、専任カウンセラーによる不妊・性交障害カウンセリングも行っています。

以上が京都府にある有名な不妊治療病院です。このほかにも京都府には多くの不妊治療病院があります。ぜひいい病院を見つけてくださいね。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?