ひとりで悩みがちな不妊治療。また、不妊治療病院を調べるのも一苦労です。
その不妊治療病院ですが、例えば福岡県ではどういった特徴をもった不妊治療病院があるのでしょうか。

福岡県の不妊治療病院:高木病院

福岡県の高木病院は、福岡県福岡県大川市大字酒見141番地11にあります。問い合わせ先は0944−87−0068(9時から16時、第1・3・5土曜と毎週日曜以外)です。
こちらの不妊治療を行っている病院は、総合病院には珍しく、不妊センターと産科婦人科とが区切られており、プライバシーが守られています。

一人で悩みがちな不妊治療の勉強会も毎月行っており、毎回多くの人が参加しています。その実績も日本有数のもので、福岡県内外から多くの患者が通院しています。
また、生殖補助医療の技術者が常勤しており、日々技術の向上に励んでいます。

福岡県の不妊治療病院:セントマザー産婦人科医院

福岡県のセントマザー産婦人科医院は、福岡県福岡県北九州市八幡西区折尾4丁目9番12号にあります。
鹿児島本線折尾駅から歩いて5分ほどでここの病院が見えてきます。もちろん駐車場もあります。

こちらの病院の田中院長は、高度生殖医療の第一人者として有名であり、日本全国から患者が集まってくる不妊治療病院です。
不妊科・着床不全・不育科・漢方外来など、不妊に関わる多くの診療科があり、多方面から不妊治療にアプローチすることが出来そうです。
病院自体は福岡県にありますが、毎月1回、東京で不妊カウンセリングが行われており好評です。

福岡県の不妊治療病院:蔵元ウィメンズクリニック

福岡県の蔵元ウィメンズクリニックは、福岡県福岡市博多区博多駅東1−1−19にあります。問い合わせ先は、092−482−5558です。
アクセスも良好で、新幹線降り場から歩いて数分、また福岡空港からも市営地下鉄で10分足らずで到着することができます。

こちらのクリニックも不妊治療の実績で有名な不妊治療病院であり、患者数の多さでも有名な病院です。
男性不妊外来や不育症などの相談も可能ですし、専門カウンセラーによるメンタルカウンセリングや遺伝カウンセリングも行っています。

以上が、福岡県で有名な不妊治療病院のリストです。このほかにも福岡県には実績のある不妊治療病院が数多くあります。
有名な病院は東京にでも行かないとない、と思いがちですが、よくよく調べてみるとこのように実績のある不妊治療病院があります。
福岡県で病院を見つけることはそう難しいことではないかもしれませんね。

高齢出産の障害リスクを下げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2分脊椎(奇形児)予防にも葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防<します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。







何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?