全国にはいろいろな特徴を持った不妊治療病院が数多く存在しています。
例えば、山梨県にはどういった特徴を持った不妊治療病院があるのでしょうか。

山梨県の不妊治療病院:山梨大学医学部 産婦人科

山梨県の山梨大学医学部産婦人科は、山梨県中央市下河東1110にあります。問い合わせ先は、055−273−1111です。
アクセスは決していいとは言えませんが、バス・電車・自動車いずれの交通手段でも通院が可能でしょう。
大学病院ではありますが、不妊治療に力を入れている総合病院でもありますので、安心して通院することができます。

最初は一般的な不妊検査から始め、不妊治療についても患者それぞれの原因やメンタル面を含めて治療方針を決めていきます。
また、毎週水曜日には日本看護協会が定める、専門のトレーニングを受けた不妊症看護認定看護師による「不妊相談外来」も開設されています。
専門の看護師によるカウンセリングを受けることができるのは大きいでしょう。

妊娠前の「禁煙」を勧めている不妊治療を行う病院としても有名です。喫煙は、閉経を早めてしまうだけでなく、卵巣機能を低下させてしまうなどのデータがあります。

山梨県の不妊治療病院:吉田婦人クリニック

山梨県の吉田婦人クリニックは、山梨県中巨摩郡昭和町清水新居1215−1にあります。問い合わせ先は、055−226−5566です。
こちらのクリニックは、不妊治療専門の病院となっています。完全予約制ですので、電話での事前予約が必要となります。
アクセスは、国母駅から歩いて20分ほどかかります。また、顕微授精は行っていない不妊治療病院です。

日曜・祝日は終日休診日ですが、平日の午後の診察は18時まで・土曜日は午前の診察がありますので、仕事をしている女性でも通院が可能でしょう。

山梨県の不妊治療病院:薬袋レディースクリニック

山梨県の薬袋レディースクリニックは、山梨県甲府市飯田2−3−9にあります。問い合わせ先は、055−226−3711です。
各最寄りのバス停からは歩いてすぐのところに病院があります。電車では降りてからしばらく歩くことになります。
またこちらのクリニックは、不妊症専門の外来クリニックです。「患者のためのクリニック」をモットーに、専門のスタッフとともに山梨県の地域医療に貢献している不妊治療病院です。

一般的な不妊治療から、高度生殖医療までを行っている不妊治療病院であり、開院してからの14年間でのべ2000人以上の方が妊娠しています。
患者やその家族のプライバシーも配慮が行き届いており、なかなかない男性専用の待合室もあります。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?