少子高齢化社会のいま、不妊治療病院を探したり、または通院したりしている人の話をたくさん耳にします。
しかし、実際のところ不妊治療病院を探すことに思った以上の時間がかかってしまう人も少なくありません。
例えば、宮城県においてはどのような不妊治療病院が有名なのでしょうか。

宮城県の不妊治療病院:京野アートクリニック

宮城県の京野アートクリニックは、宮城県仙台市青葉区本町1−1−1、三井生命仙台本町ビル3Fにあります。
問い合わせ先は、022−722−8841です。アクセスも良好で、東北新幹線や仙台空港からも電車で30分以内に着くことができます。
アクセスの良さは、遠方からの通院患者にとって重要なポイントですね。

こちらの不妊治療病院は、現在は高度生殖医療を行うことができます。また、男性不妊外来も併設されており、患者も宮城県内外から訪れる不妊治療病院です。
そのために患者数がとても多く、待ち時間が長い病院でもあります。
診察の前には、詳しい治療内容の説明やカウンセリングを行ってくれるので、心配なく治療に入ることができそうです。

宮城県の不妊治療病院:仙台ARTクリニック

宮城県の仙台ARTクリニックは、宮城県仙台市宮城野区名掛丁206−13にあります。問い合わせ先は、022−791−8851です。
JR東日本の仙台駅から徒歩10分程度、地下鉄南北線の仙台駅から歩いて数分、駐車場も病院近くにたくさんあるので自動車での通院も可能です。

こちらのクリニックは、不妊治療・不妊専門クリニックです。男性不妊専門医師による男性不妊のための手術も行っているので、多くの男性患者も宮城県内外から訪れています。
高い妊娠率と充実した設備・専門スタッフによる最高の治療を提案してくれる不妊治療病院です。
個々の患者に合った治療方法を提案してくれる不妊治療病院ですので、安心して治療に臨むことができそうです。

宮城県の不妊治療病院:桜ヒルズウィメンズクリニック

宮城県の桜ヒルズウィメンズクリニックは、宮城県仙台市青葉区桜ヶ丘3−9−1にあります。問い合わせ先は、022−279−3367です。
「女性の生涯すべてのサポートができるようなクリニック」を目指して日々診察に取り組んでいる病院です。
インターネット上からの予約もできるので、気軽に予約ができると好評です。

このように、宮城県内には一般的な不妊治療から、体外受精などのより高度な不妊治療までを受けることができる不妊治療病院があります。
それぞれの病院の特徴を踏まえた上で受診をしてみましょう。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?