全国には多くの不妊治療を専門とする病院が増えてきています。鹿児島県でも幾つかの有名な不妊治療病院があります。
ですがそれぞれの鹿児島県にある不妊治療病院の特徴には、どういった特徴があるのか案外知らないものです。
では、鹿児島県にはどんな特徴を持った不妊治療病院があるのか、詳しく調べてみましょう。

鹿児島県の不妊治療病院:医療法人 仁知会 竹内レディースクリニック

医療法人 仁知会 竹内レディースクリニックは、鹿児島県姶良市東餅田502番地2にあります。
こちらのクリニックの特徴は、産科外来と不妊外来が分かれているところです。
実際のクリニックではまだまだ産科外来と不妊外来が分かれていないところも多く、患者にとってはストレスになることもあります。

その点では、ストレスを感じることなく受診できます。また、カウンセリングの外来も行っているクリニックですので、一度相談することも可能です。
また、こちらのクリニックは予約が必要です。インターネットでの予約ができるので、時間を気にせず予約を入れることができます。

鹿児島県の不妊治療病院:松田ウィメンズクリニック

松田ウィメンズクリニックは、鹿児島県鹿児島市山之口町1−10、鹿児島中央ビルの3Fにあります。
日曜日・祝日・木曜日と土曜日の午後は休診です。

こちらのクリニックは、「不妊治療」という、なかなかゴールの見えにくいものに対して、できるだけ前向きに取り組もうという理念を掲げているクリニックです。
患者の気持ちを大切にしながら不妊治療を行うことができそうですね。
また、不妊治療にかかる様々な費用や治療実績も公開されているので、参考になります。

鹿児島県の不妊治療病院:さとみクリニック

さとみクリニックは、鹿児島県鹿児島市山下町8−3、陽山美術館の2Fにあります。
バスや市電などを利用しても徒歩5分以内で到着することができるので非常に便利です。駐車場もあります。
また、託児所も隣接しており、子供と一緒にクリニックに行くことができるので、助かるお母さんは多いようです。

ここのクリニックのもうひとつの特徴として、先生が女性だということが挙げられます。
どうしても男性の先生に診察してもらうのに抵抗がある人はここのクリニックに行くといいかもしれません。

このように、鹿児島県内でも不妊治療病院の特徴はそれぞれですね。
婦人系の病院の受診は、一般の病院の受診と違って敷居の高いものです。それぞれの病院の特徴を踏まえながら、ここなら安心して通えそうというような病院を探してみてください。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?