全国には有名な不妊治療の病院が数多く存在します。なかでも東京での有名な不妊治療の病院は多く、実績もある病院があります。
また、「子供を授かりたい」夫婦は地方から、はるばる東京の不妊治療の病院を探して通院する人も珍しくないと聞きます。

では、実際に東京で有名な不妊治療の病院はどういった病院があるのでしょうか?

東京都の不妊治療病院:梅ヶ丘産婦人科

梅ヶ丘産婦人科は、東京都世田谷区梅丘1−33−3にあります。
こちらの病院は、その名前こそ「産婦人科」とついていますが、実際は来院する患者のほとんどが不妊治療をしたい患者さんです。

「不妊治療」というと、どこかで人工的な治療のような気がしますが、ここの病院はできるだけ自然な形で授かれるようにしながら段階を踏んで先に進めることができます。
それでいて、体外受精などの高度な治療も可能なので安心して治療を進めることができます。
また、治療実績も詳しくデータが公開されているので参考になりそうです。

東京都の不妊治療病院:加藤レディスクリニック

加藤レディスクリニックは、東京都新宿区西新宿7−20−3、ウエストゲート新宿ビルにあります。西新宿駅からすぐの場所に立地しているので便利です。
こちらのクリニックの特徴として、朝は7時30分から診察しているという点です。
この時間から診察が可能なので、仕事をしている女性でも仕事前に診察を終えることも可能です。

また、不妊治療に精通している先生がいるので、その実績が有名なクリニックでもあります。
通常の段階を踏んだ不妊治療を行うというよりも、少しでも妊娠率が高い体外受精に力を入れている不妊治療病院ともいえそうです。
その分待ち時間はほかの病院よりもどうしても長くなってしまうようです。

東京都の不妊治療病院:松本レディースクリニック不妊センター

松本レディースクリニック不妊センターは、東京都豊島区東池袋2−60−3、グレイスロータリービルの1Fにあります。
「患者ひとりひとりに合わせたオーダーメイドの治療」をモットーに、患者に十分な説明や理解が得られたうえで治療を進めてくれる病院です。
不妊カウンセラーによるカウンセリングも行っている不妊治療病院なので、不安や心配な点もクリアにしながら治療することができそうです。

また、体外受精教室という勉強会も行われており、その中で「体外受精とはどういうものなのか」その治療についてわかりやすく教えてもらえます。

このほかにも、東京都の不妊治療病院は様々な特徴をもった病院が数多く存在します。
病院ごとの特徴を理解し「ここの病院なら通えそう・安心できそう」など、ご自身に合った不妊治療の病院を探してみるといいでしょう。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?