全国には様々な特徴を持った不妊治療の病院が存在します。
神奈川県においては、どのような特徴を持った不妊治療の病院があるのでしょうか。

神奈川県の不妊治療病院:神奈川レディースクリニック

神奈川レディースクリニックは、神奈川県横浜市神奈川区西神奈川1−11−5にあります。初めての受診には電話予約が必要です。電話番号は045−290−4893です。
神奈川レディースクリニックの特徴として、平日は夜の7時まで受け付けが可能だということです。
不妊治療をしている病院をはじめ、ほとんどの病院の受付は夕方で締め切られてしまいますので、仕事が忙しい女性にとっても心強い病院だと言えそうです。

また、個別カウンセリングも実施している病院ですので、患者のそれぞれの悩みに応じてカウンセラーが相談にのってくれます。
不妊治療病院でも不育症の治療をしている病院は数少ないですが、神奈川レディースクリニックではその治療も可能です。

敷居の高い不妊治療の病院。神奈川レディースクリニックでは、そんな患者の気持ちを大切にし、患者に寄り添った治療を心がけている病院です。

神奈川県の不妊治療病院:つのだレディースクリニック

つのだレディースクリニックは、神奈川県横須賀市久里浜1−5−1鈴栄ビル4階にあります。問い合わせ先は046−874−7272です。
つのだレディースクリニックの大きな特徴は、インターネットでの受け付けが可能だということです。
現在の受付状況や、待っている人数も教えてくれるので、診察以外の計画が立てやすく、助かるでしょう。

「不妊症」とはどういう状態を指すのか、また、不妊の原因を検査をしながら丁寧に説明してくれます。
治療方法も患者によって異なるので、それぞれの患者にあった色々な治療法を提示してくれます。

神奈川県の不妊治療病院:港南台レディースクリニック

港南台レディースクリニックは、神奈川県横浜市港南区港南台4−1−1にあります。問い合わせ先は045−831−3580です。 
JR港南台駅からすぐの立地で、通いやすいのが人気の理由のひとつです。
診察予約も電話のほかにインターネットでの予約が可能です。また、初診・再診どちらも問診票が必要になりますが、ダウンロードが可能なので自宅でゆっくり記入することもできます。

港南台レディースクリニックでは、一般的な不妊治療をすることができます。また、漢方薬を使用して体の内側から改善する治療法もあります。

神奈川県の不妊治療の病院では、インターネットでの予約ができる病院が比較的多いようなので、時間を気にせず予約ができて助かりますね。

高齢出産の障害リスクを下げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2分脊椎(奇形児)予防にも葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防<します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。







何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?