今や6組に1組の夫婦が不妊に悩んでいるといいます。いまや社会問題にまでなっているといっても過言ではない不妊の問題。
「もしかして不妊かも」と思ってまず最初にすることといったら、不妊治療専門の病院はどこにあるのか、ということではないでしょうか。
例えば、埼玉県ではどういった不妊治療の病院が存在するのでしょうか。

埼玉県の不妊治療病院:恵愛生殖医療クリニック志木

恵愛生殖医療クリニック志木は、埼玉県新座市東北2−34−15、ホワイトハイツ2Fにあります。
志木駅南口から徒歩で数分のところにある不妊治療専門病院です。駐車場はないので、車で行く場合は近くのパーキングを利用するといいでしょう。
また、初診の患者の受付は通常の受付と時間帯が異なり、午前11時半まで、午後4時半までとなります。

このクリニックの特徴は、不妊治療・不育治療専門のクリニックであり、無料で生殖医療のセミナーを受講することができるという点です。
一般的なクリニックでは、婦人かと併設して不妊治療も行っているクリニックがほとんどですが、不妊治療専門のクリニックというだけあって、力を入れているところだということが分かりますね。

「不妊治療」と一言で言っても、その治療内容は多岐に渡り、患者ひとりひとりの状態にあった治療法を用いて治療されます。
こちらのクリニックのホームページでは、どういった不妊治療内容があるのか、細かく分けて説明がされているので、安心して治療をすることができそうです。

埼玉県の不妊治療病院:セントウィメンズクリニック

セントウィメンズクリニックは、埼玉県さいたま市浦和区東高砂9−1、SUMIDA ONE4階にあります。
こちらの不妊治療病院は、患者の気持ちを大切に考え、その患者にとって無駄な治療や検査は行わないことをモットーにしています。
一般的な婦人科と併設していますが、不妊・不育症においては埼玉県内外の実績のある不妊治療病院と提携しながら治療を進めていってくれますので、心強いでしょう。

また、他の病院にはなかなかない、電話での無料相談も行っているので、初めは気軽に相談することから始めてもいいかもしれませんね。

埼玉県の不妊治療病院:永井クリニック

永井クリニックは、埼玉県三郷市上彦名607−1にあります。こちらには不妊外来があり、不妊カウンセラーによる個別相談を受けることができます。
また、「不妊学級」というセミナーでは、不妊治療の基礎知識を学ぶことができ、正確な知識を得ることができます。
そして他の不妊治療の病院にはない「プレマタニティビクス」という、将来妊娠を希望する人を対象に、軽い運動の指導を受けることができます。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?