全国には、それぞれに異なる特徴を持った不妊治療の病院がたくさんあります。
茨城県においては、どのような特徴を持った不妊治療の病院が存在するのでしょうか。

茨城県の不妊治療病院:遠藤産婦人科医院

遠藤産婦人科医院は、茨城県筑西市中舘130−1にあります。問い合わせ先は、0296−20−1000です。
こちらの病院では、一般的な不妊の検査から体外受精・顕微授精まで行われており、受精卵の凍結なども可能な不妊治療病院です。

一般的な不妊検査とはどういった検査があるのか、また、体外受精をする場合はどのような流れでどのような治療を行っていくのかを丁寧に説明してくれます。
個別に不妊相談も受けることができるので、不安なことや分からないことを事前に聞くこともできるので安心ですね。

茨城県の不妊治療病院:小塙病院

小塙病院は、茨城県小美玉市田木谷169−3にあります。問い合わせ先は、0299−58−3185です。
こちらの病院の特徴としては、不妊治療に対しての正しい知識と理解を深めることを目的として月1回「不妊学級」という勉強会が行われていることです。
そこには、それぞれの専門の先生を招いての、不妊治療をする際使用する可能性のある薬や、体外受精などの高度生殖医療の正しい知識を身につけることができます。

また、不妊専門のカウンセラーによる、個別のカウンセリングを利用することもできます。

いずれの場合も、こちらの不妊治療病院に通院している患者が対象となっているので、初めての人はまず「不妊専門相談センター」を利用するといいでしょう。

茨城県の不妊治療病院:植野産婦人科医院

植野産婦人科医院は、茨城県水戸市五軒町2−3−7にあります。問い合わせ先は、029−221−2513です。
こちらの不妊治療の病院では、それぞれの患者に合った治療方法を提案してくれるので、無理なく治療を進めることができそうです。

タイミング法から体外受精までが可能な病院なので、途中から病院を変えるというストレスも感じなくてすみますね。
また、不妊カウンセラーによるカウンセリングも受けることができます。こちらのカウンセリングは初回は無料ですが2回目から1000円がかかります。

インターネットからの受診予約もできます。インターネットからの予約で駐車場が利用しやすくなったりと、様々なメリットがあるのも嬉しいですね。

このように、茨城県にはそれぞれの病院で異なった特徴を持つ不妊治療の病院があります。
茨城県での不妊治療をどの段階まで考えているのか、実際にどこまで行うのかを考え、ご自身のライフスタイルに合った不妊治療の病院を見つけましょう。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?