今や不妊に悩むカップルは年々増加しています。それに伴い、不妊治療に力を入れている病院も増えてきています。
さて、千葉県にはどういった不妊治療の病院が存在しているのでしょうか。

千葉県の不妊治療病院:高橋ウィメンズクリニック

高橋ウィメンズクリニックは、千葉県千葉市中央区新町18−14、千葉新町ビルの6Fにあります。問い合わせ先は043−243−8024です。
こちらの不妊治療専門病院は、その実績で有名な不妊治療専門の病院です。患者の妊娠数が千葉県内で1番の病院でもあるので、この病院に任せてみようと思う人は多いようです。
それに、不妊治療では「どの検査・治療にどの程度の料金が発生してくるのか」なかなか明確に分からない場合が多い中、料金説明も丁寧にしてもらえ、不妊治療病院には珍しい、治療回数によって割引料金も設定されているので患者にやさしい病院だとも言えます。

また、看護師や臨床心理士によるカウンセリングや、杯培養士による体外受精の詳細な説明を受けることもできるので、不明な点がクリアになり、治療に前向きに取り組むことができそうです。
また、院長が医療業界最大級の「BestDoctors2014−2015」に選ばれるなど、実績は確かなものです。

千葉県の不妊治療病院:高橋レディースクリニック

高橋レディースクリニックは、千葉県佐倉市ユーカリが丘4−1−1、イーストタワー2Fにあります。問い合わせ先は、043−463−2129です。
こちらの不妊治療専門病院は、一般不妊検査・治療から高度生殖医療までできます。
また、卵巣年齢検査という検査もできるので、不妊治療を行ううえで参考になる検査が受けられそうです。

先生と個別に話をすることができる「不妊相談」が設けられているので、不安や分からないことを直接聞くことができると好評です。
主な不妊治療の検査代・治療代も教えてくれるので、何かと料金が不明瞭な不妊治療代を知ることができるので今後の計画の参考にできます。

千葉県の不妊治療病院:パークシティ吉田レディースクリニック

パークシティ吉田レディースクリニックは、千葉県浦安市明海5−7−5、パークシティ東京ベイ新浦安 ドクターズベイにあります。問い合わせ先は、047−316−3321です。
こちらの不妊治療病院でも、一般不妊治療から体外受精までを行うことができます。

先生と患者との、固い信頼関係を結んだうえで治療を進めてくれるので、不安になることなく治療を進めることが出来そうです。
診察の際には丁寧な説明を行ってくれるので安心です。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?