現代社会は、女性の社会進出なども高まり、年々晩婚化が進んでいます。
それに伴って、女性が生涯子供を持つ数も少なくなってきており、高齢出産がいまや珍しいものではないようになってきました。
一方で高齢出産に伴うリスクも多く存在します。高齢になるにつれて、お腹のなかの赤ちゃんがダウン症である確率も増えていきます。

妊娠したら、お腹にいる赤ちゃんは、何の病気もなくただ元気に生まれてきてくれることを願う親は多いのではないでしょうか。
しかし現実には、ダウン症をはじめとする何らかの病気を持って生まれてくる赤ちゃんもなかにはいます。
そんなダウン症の赤ちゃには特徴はどういった特徴があるのでしょうか。

ダウン症の赤ちゃんの特徴ってどういった特徴があるの?

ダウン症とは、染色体の突然変異が原因で起こる疾患です。
ダウン症の赤ちゃんは、エコー検査でまずそうでない赤ちゃんと違った点が幾つか見られます。
そのうちのひとつが「後頭部のむくみ」です。お腹のなかの赤ちゃんのエコー検査でこの症状が見られると、まずダウン症を疑います。

その他にも、エコー検査でのダウン症の判断材料としては次のような特徴があげられます。

・頭が大きい・手足が短い・心臓疾患が見られる…

などの特徴です。
ダウン症の赤ちゃんは、発育が遅いこともその特徴なので、このような特徴が見られるようになるのです。

こういったダウン症の特徴がエコー検査で分かるとはいえ、確定診断には至りません。
最近はエコーの精度自体が良くなってはいますが、確定診断をするにはさらに羊水検査などの必要があります。

また、お腹のなかの赤ちゃんがダウン症である確率は、日本では1000人に1人の割合です。
しかし、お母さんの年齢とともに赤ちゃんがダウン症である確率はだんだんと上がり、35歳では約400人に1人の割合、40歳では100人に1人の割合にまで上がります。

高齢出産が進んでいる現在、それに伴い様々なリスクが高まることも知っておく必要があります。

しかしながら、高齢で赤ちゃんを産んだからと言って、その赤ちゃんがダウン症を持って生まれるとも限りません。
なかには、40歳を過ぎてから出産をしても、健康な赤ちゃんを産む人もいます。

今では出生前検査で、お腹のなかの赤ちゃんがダウン症などを持ってないか、検査する方法もあります。
検査の対象者は限定されているとはいえ、その結果が分かったあとにどういった判断をするのかまで夫婦で十分時間をかけて話合っておくことも非常に重要なことです。

高齢出産の障害リスクを下げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2分脊椎(奇形児)予防にも葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防<します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。







何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?