現代社会では、女性が仕事で活躍する場も多く、結婚や妊娠・出産をする年齢が昔よりもずいぶんと上がっているのが現実です。
いまや高齢出産をする女性は何も珍しいことではなくなってきました。
女性の社会での活躍とは裏腹に、女性が生涯子供を持ち、産める時期は限られているのも事実です。

また、高齢での妊娠・出産には様々なリスクが存在する、ということもまた忘れてはならないことです。
そんな高齢での妊娠・出産でのリスクのひとつとして「流産」は、切っても切れない事実です。
妊娠したら、何事もなく元気な赤ちゃんを産みたいと思う気持ちは、女性の年齢には関係ないものでしょう。

しかしながらその一方で、残念ながら流産してしまう人も一定の割合でいることも事実です。
では、高齢での妊娠のリスクのひとつである「流産」ですが、果たして防ぐことができるものなのでしょうか。
防ぐことができるとするならどんな方法があるのでしょうか。

高齢での妊娠のリスクである「流産」。その流産を防ぐ方法とは果たして存在するのか

妊娠出産の話をするとき、「高齢」と言われる年齢は35歳からといわれています。最近ではじつに妊婦さんの5人に1人の割合で高齢出産を経験しているようです。
また、妊娠してから流産する可能性は一般的に15%程度と言われているのに対し、高齢と言われる35歳以上では流産する割合は20%にまでのぼります。

流産は、おおよそ妊娠12週(妊娠初期)までに起こりやすいものと言われています。それまでの流産は、お母さんに原因があるわけではありません。
その時期の流産の原因と言われているのは、受精卵の染色体の異常で起こることがほとんどだと言われています。

それに比べ、妊娠20週(妊娠中期)での流産の原因は、赤ちゃん側の問題であることもあれば、一方でお母さんの生活環境なども原因になる場合もあるようです。

残念なことに、なかには流産を繰り返してしまう女性もいます。そのような場合に考えられることは染色体異常や子宮奇形などであると言われています。
では、高齢に限らず、流産を防ぐ方法は存在するのでしょうか。
現実には、妊娠初期での流産は受精卵の側の原因がほとんどのため、残念ながら予防することは不可能です。

しかし、未然に「流産しないように」今からでもできること、心がけることができることは沢山あります。

体を冷やさない・食生活のバランスを整える・飲酒・喫煙をやめる・適度な運動をする…など、身近なところから生活を見直してみるのもいいかもしれません。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?