現代社会では女性が様々な形で活躍をしています。そのために、数十年前と比べると結婚や出産年齢が高くなってきているのが現実です。
実際に高齢といわれる35歳以上での出産も珍しくない現代社会。しかし、高齢になっていくにつれて妊娠力も低くなっていくのが事実です。
「今はまだ仕事や遊びで充実している」という若い女性でも、体は少しずつ年をとっていっています。

「自分の子供を持つこと」は、女性の夢であり、また「子供を産む」ということは女性にしかなしえないことです。
実際に、今ではなく、そのうちに子供だけは産みたいという女性は案外多いものです。しかし、そう思った時にはすでに遅い場合もあります。
今の時代、高齢で妊娠力を上げる方法とはどういった方法があるのでしょうか。

女性は今からでも知っておきたい、高齢での妊娠力を上げる方法とは

ご存知の通り、高齢での妊娠力を上げる方法は決して簡単なことではありません。

女性は男性と違って、お母さんのお腹のなかにいる時にすでに卵子が作り上げられています。要するに、若いからといって卵子が新しく作られているということではないのです。

卵子は排卵のたびに減っていき、やがてなくなります。なんともショッキングな現実ですね。

その卵子は、若い年齢ではそう問題になることはありませんが、高齢になっていくにつれてその質が悪くなっていき、妊娠自体が難しいものになってしまいます。
では、高齢での妊娠力を上げるにはどういったことに気をつければいいのでしょうか。

その方法は、簡単に言えば「赤ちゃんを授かりやすい体作りをする」ということです。

例えば、お腹や足元を冷やさないようにする・女性だけでなく、パートナーの男性も禁煙する・適度な運動を心がける・ストレスをなるべく減らす、などが高齢での妊娠力を上げる方法です。

特に、子宮や卵巣は臓器のなかでも冷えに弱い臓器です。冷えが受精や着床の妨げにならないように、日ごろから血流をよくしておくことが大事です。

また、直接の妊娠力アップの方法ではありませんが、婦人科で一度きちんと診てもらうことも大事なことです。
もしも子宮筋腫や子宮内膜症などの病気がある場合は、それが不妊につながることもあるからです。

一番いい、妊娠力をあげる方法は、妊娠力が下がり始める35歳になる前に子供を持つことですが、現代社会ではそうもいかない場合もあります。
高齢で妊娠力を上げる方法をひとつでも日常生活に採り入れ、実践し、なるべく早く「妊娠しやすい体」を作ることが何よりも大切なことです。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?