通っている産婦人科とその口コミを教えてください。

産婦人科名:日本医科大学付属病院 産科
住所:東京都文京区千駄木1-1-5
電話番号:03-3822-2131(代表)
サイト:http://hosp.nms.ac.jp/

口コミ:高度救命センターに指定されている大学病院なので、高度な治療が受けることができます。なにかあったときにも安心です。
NICUもありますので、出産後赤ちゃんだけ別の病院に搬送されるという心配もありません。

産科と女性診療科にわかれているため、産科の病棟には妊婦さんやお産をした患者さんしかいないため、明るい雰囲気です。
他のフロアとは床の色が違っていて、温かい雰囲気があります。
ナースは助産師さんは親切で、不安なことがあればなんでも相談にのってくれます。

出産後、入院中は布オムツを使用するので、布オムツの使い心地を知ることもできます。

日本医科大学付属病院での高齢での妊娠出産体験談をお聞かせ下さい。

結婚して1年経っても子宝に恵まれなかったので、婦人科に相談し、夫婦で不妊治療を行いました。

不妊治療はどんどんステップアップし、顕微授精をすることになりました。
顕微授精での妊娠の確率をあげるために、子宮筋腫の摘出手術を日本医科大学付属病院で行いました。なので、出産も同じ病院と考えていました。

不妊治療の甲斐あり、36歳になってすぐに妊娠がわかりました。
10週目までは不妊治療をしていたクリニックで検診をし、そのあとから日本医科大学付属病院で検診を受けるようになりました。

高齢出産になるので、病院からは羊水検査の説明を受けました。
病院としてはオススメはしないが、説明することになっているので一応説明する・・という感じで説明されました。

婦人科医の奥さんは誰も羊水検査を受けていないとも言われました。

高齢出産になると、障害をもった子の出生率があがるというのが、一番不安でした。
顕微授精をして授かった赤ちゃんだったので、障害がないかということが不安でたまりませんでした。
毎日のようにネットでいろいろ調べたり、医療従事者の友人に話を聞いたりしていました。

妊娠がわかってから、不妊治療のクリニックでカウンセラーとの相談があり、夫婦で話をしました。
年齢が上がればあがるほどリスクは高くなること、36歳なら宝くじに当たる確率よりも、障害を持った子を出産する確率の方が低いという説明を受けました。

病院では、羊水検査のリスクや、羊水検査でわかることは100%ではないということも説明されました。

もし障害があるとわかったときにどうするのかと考え、赤ちゃんを諦めることはできないと思い、羊水検査を受けることはやめました。

妊娠がわかった時点でアルバイトを辞め、安定期までは遠出も避けて身体に負担かかからないように心がけていました。
食事にもいろいろ気をつけていたせいか、赤ちゃんはお腹のなかで順調に育ってくれました。

安定期に入ってからは主人と旅行に行ったり、無理をしない程度に夫婦二人の生活を楽しみました。
そして、元気な赤ちゃんを出産することができました。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?