出生前診断という言葉を聞いたことがありますか?
これは、妊娠中に胎児の状態を検査することです。

高齢出産で、生まれてくる赤ちゃんに対してダウン症などの不安を持っている。
高齢出産ではないけれど、過去にダウン症や染色体異常の子供を出産した。
父親や母親、または親族にダウン症の遺伝子を持つものがいる。

などのリスクを持っている妊婦さんには、病院から検査を勧められる場合があります。

この出生前診断の方法としては、主に画像検査や遺伝子・染色体の検査があります。
さらに、最近では赤ちゃんに関係する細胞や代謝産物が、母親の血液に含まれることにより採血で判明される検査もあります。

高齢出産をする人が受ける出生前診断で最も重要な検査とは?

高齢出産をする人にとって最も知りたいのは、ダウン症などの先天的障害を持っているかどうかだと思います。

胎児が遺伝的・先天的障害を持っているかどうかを知るのには3つの検査があります。
それは、染色体検査・生化学的検査・細胞学的検査です。

この検査は、ダウン症などの有無を確認するのに有効な検査です。

これらの検査には、羊水や羊水細胞、絨毛などが用いられます。
検査の時期としては、羊水や羊水細胞検査は妊娠15週から17週の間、絨毛検査は10週から11週の間が妥当といわれています。

また最近では、母親の血液を採取することによって、血液中に含まれる胎児のDNAを調べる「新型出生前診断(NIPT)」と呼ばれるものもあります。
この検査は、採血だけでダウン症・エドワード症・開放性神経管奇形の3種類の染色体異常がわかるといわれています。
その確率は99%で非常に高くなっています。

この検査は、妊娠10週から18週の間に受けるのが一般的です。

高齢出産の場合は出生前診断は必要?

出生前診断は強制的な検査ではありません。
あくまでも、妊婦さん本人の意志に委ねられます。
そうはいっても、やはり高齢出産の場合は検査をしたいと思う人は多いと思います。

高齢出産の場合は、経済的にも安定していて生活にもある程度の余裕があるという人も多いかもしれません。
しかし、通常の出生前診断である羊水検査は12万円から15万円、絨毛検査は約15万円、さらに新型出生前診断は20万円もの費用がかかります。

さらに、羊水検査は直接お腹に針を刺して羊水を採取するため、検査後に流産をしてしまう可能性が約0.03%あります。
それらのことも頭に入れて、検査を受けるのか慎重に判断する必要があると思います。

この出生前診断には、賛否両論様々な意見があります。
検査の結果、ダウン症と診断された場合はどうするのか?
ダウン症の子供と生きていく覚悟はあるのか?

高齢出産というだけでも不安ですが、最終的に決めるのは自分ですから後悔しない選択をしてほしいですね。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?