仲の良い友人など、自分に近い周りの人が妊娠したら「安産お守り」をプレゼントしたいな、と思ったりします。
ですが、プレゼントに「安産お守り」をあげることが逆に、失礼にあたる時があるとも聞きます。

自分がよかれと思って「安産お守り」をプレゼントすることが、失礼にあたったら渡した側としてもそれはショックです。
もしかして「安産お守り」をプレゼントする際には、渡す側のちょっとした心遣いが必要なのかもしれません。

「安産お守り」をプレゼントする時のマナーってなに?

あなたがもしプレゼントで、安産お守りをもらったらどんな気持ちになりますか?

実際には素直にうれしい、と思う人もいれば、その逆で、ちょっと困る人もいるかもしれません。
またそれはどうしてなのでしょうか。

一般的に、安産お守りをプレゼントするのは、相手の方が安定期に入ってからがタイミングとしてはいいようです。
それは、たとえ相手の方が安定期に入る前から、妊娠のことをあなたが知っていてもです。

妊娠期間というものは安定期といわれる五か月に入るまでは、何があるか分からないものです。
色々と考えるよりも、相手の方が安定期に入ってから渡したほうが安心といえそうです。

また「安産お守り」をプレゼントしたい人が、実際はあまり会ったことなかったりする場合は、お守りをもらって相手の方が戸惑う場合もあるようです。

このように、安産お守りを渡すときは、相手の方とあなたとの距離の近さ・渡す時期をいつにするのか、が大事なポイントになるようです。

高齢出産の障害リスクを下げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2分脊椎(奇形児)予防にも葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防<します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

葉酸サプリのおすすめならこれで決まりです

ベルタ葉酸サプリ

国産・高品質な葉酸サプリならベルタ葉酸サプリです。不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け。

続けやすいリーズナブルな価格なのも人気の秘密です。