「妊娠」というものは喜ばしい出来事です。ですが同時に、誰もが妊娠期間に何事もなく出産まで過ごすことができるとは言い切れません。

そこで、気になるのが「妊婦でも入れる医療保険」ではないでしょうか。
その医療保険、どういった医療保険の会社があるのでしょうか。

妊娠してからでも遅くない。妊娠後でも加入できる、医療保険の会社は?

万が一に備えて、妊娠後でも加入できるおすすめの医療保険の会社はどういった会社があるのか、気になる人は多いのではないでしょうか。

基本的に、妊娠初期であれば、加入できる医療保険は幾つかあるようです。
実際、妊娠後に加入できる医療保険は以下のようなものがあります。

・エイ・ワン少額短期保険の「エブリワン」…妊娠中の経過が順調で、かつ妊娠32週目までであれば、医療保険の加入が可能です。
 正常分娩は、給付の対象ではありません。

・ライフネット生命の「じぶんへの保険」…妊娠中の経過が順調であれば、妊娠何週目であっても、医療保険の加入が可能です。
 また、エイ・ワン少額短期保険と同様に正常分娩は、給付の対象ではありません。

では、正常分娩の場合でも給付の対象となる医療保険会社はあるのでしょうか。

・まごころ少額短期保険の「新・マタニティライフ保険」…契約日を経過しての妊娠であることが条件です。
 その場合、正常分娩の場合でも上限が7日で入院保険が出ます。

以上の医療保険会社が、妊娠後でも加入できる代表的な会社のようです。

このように、医療保険会社によって加入条件や保険料・給付対象が異なってきます。
医療保険に加入の際は、よく調べることが大事だと言えるでしょう。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?