トリプルマーカーテストやクアトロテストという名前は、あまり聞き慣れない人もいるかもしれません。
2つとも出生前診断として行われる血液検査のことですが、その違いや検査項目までははっきりわからない人も多いと思います。

この2種類の検査の違いについて今回はお話しします。

母体血清マーカーと呼ばれる2種類の血液検査

トリプルマーカーテストもクアトロテストも、出生前診断の1つとして行われる血液検査です。
確定診断ではないので、陽性が出た場合には羊水検査などによって確定診断を行うことも選択できます。

どちらも検査結果がでるには1~2週間かかることもあるので、羊水検査を受ける時期などを考慮すると妊娠15~18週頃までには検査を受ける必要があります。

トリプルマーカーテストとクアトロテストの違い

トリプルマーカーテストとは、妊婦の血液中にあるAFP、hCG、uE3という3種類の成分を測定します。
これによりわかることは、胎児がダウン症候群と18トリソミー(遺伝子異常)、神経管閉鎖不全である確率です。

一方クアトロテストは、トリプルマーカーテストで測定する3種類の成分に「インヒビンA」という物質を加えた4つの成分を測定します。

クアトロテストによりわかることは、トリプルマーカーテストを行ったときと同じなのですが、インヒビンAを加えることによりダウン症候群の検査の精度が上がります。

そのほかの2種類の先天異常に関しては、クアトロテストとトリプルマーカーテストを比較しても精度は大きく変わらないと言われています。

しかしこれらの血液成分は、年齢とともに陽性となる確率が上がってきます。
つまり、胎児の状態だけでなく妊婦の年齢という点で陽性となる確率もあることをしっかり理解しておく必要があります。

新型出生前診断(NIPT)との違いは?

トリプルマーカーテストやクアトロテストと同じ血液検査のNIPTと呼ばれる検査があります。

妊娠10週以降から検査可能であり、胎児の先天異常のスクリーニングとして行われ確定診断ではありません。
このNIPTとトリプルマーカーテストやクアトロテストとはどのような違いがあるのでしょうか?

NIPTで検出できるものはダウン症候群と18トリソミー、13トリソミーの染色体異常のみです。
血液成分の中でも、胎盤から漏れ出てきた赤ちゃんのDNAを分析します。
トリプルマーカーテストやクアトロテストと比較するとかなり精度も高くなりますが、金額はNIPTの方が10倍近く高額になります。

妊娠率を上げ、流産予防になる栄養素とは?

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

また、葉酸は卵子と精子の質を高め若返らせます。

2)ビタミンE

ビタミンEは性ホルモンを正常化し、流産・発達障害、妊娠中毒症を予防します。

不妊症の高齢夫婦にビタミンEを摂取させたところ、半年で自然妊娠したと報告があります。

*ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。





1位:美的ヌーボプレミアム



天然野菜から作られた完全無添加、国産の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回毎に密封パックされ持ち運びもしやすく、DHA・EPAが配合されているので、頭の賢い赤ちゃんを産みたい方にもおすすめです。



2位:ベルタ葉酸サプリ



ベルタ葉酸サプリは、不妊症や妊活向けに作られている唯一の夫婦向け葉酸サプリです。

高品質でかつ、リーズナブルな葉酸サプリが欲しい方におすすめのサプリです。




何を選んだらいいかわからない方へ
流産・発達障害が心配な方、賢い赤ちゃんを産みたい方は美的ヌーボプレミアムがおすすめです。



飲むのは妊活〜妊娠中のわずかな期間だけでも質の良いものを選びませんか?